ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

技能五輪全国大会

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0125434 更新日:2019年11月18日更新

 

「第57回技能五輪全国大会、第39回全国障害者技能競技大会」新潟県選手団

 「第57回技能五輪全国大会、第39回全国障害者技能競技大会」新潟県選手団

技能五輪全国大会の概要

 技能五輪全国大会は、青年技能者の技能レベルの日本一を競う技能競技大会であって、その目的は、次代を担う青年技能者に努力目標を与えるとともに、大会開催地域の若年者に優れた技能を身近にふれる機会を提供するなど、技能の重要性、必要性をアピールし、技能尊重機運の醸成を図ることにおかれています。
 全国大会の出場選手は、各都道府県職業能力開発協会等を通じて選抜された者(原則23歳以下)としています。
 なお、国際大会が開催される前の年の大会は、国際大会への派遣選手選考会をかねています。

※詳しくは、こちらをご覧ください。(中央職業能力開発協会のHP)<外部リンク>

全国アビリンピックの概要

 大会の正式な名称は「全国障害者技能競技大会」ですが、親しみやすいものとするため、愛称として「アビリンピック」を使っています。
 「アビリンピック」(Abilympics)は、「アビリティ」(Ability・能力)と「オリンピック」(Olympics)を合わせたものです。
 アビリンピックは、障害のある方々が、日ごろ培った技能を互いに競い合うことにより、その職業能力の向上を図るとともに、企業や社会一般の人々に障害のある方々に対する理解と認識を深めてもらい、その雇用の促進を図ることを目的として開催しています。

※詳しくは、こちらをご覧ください。(高齢・障害・求職者雇用支援機構のHP)<外部リンク>

第57回技能五輪全国大会・第39回全国障害者技能競技大会結果(新潟県選手団)

 令和元年の第57回技能五輪全国大会と第39回全国障害者技能競技大会(全国アビリンピック)は、愛知県で開催されました。第57回技能五輪全国大会には本県から11職種33名が参加し、配管、洋菓子製造、時計修理の3職種で金賞を受賞するなど、5職種5名が入賞しました。また、第39回全国アビリンピックには、本県から5種目5名が参加し、健闘しましたが残念ながら入賞者はいませんでした。

  • 第57回技能五輪全国大会での競技職種(42職種:選手数 約1,300人)
    機械組立て|抜き型|精密機器組立て|メカトロニクス|機械製図|旋盤|フライス盤|構造物鉄工|電気溶接|木型|タイル張り|自動車板金|曲げ板金|配管|電子機器組立|電工|工場電気設備|石工|左官|家具|建具|建築大工|貴金属装身具|フラワー装飾|美容|理容|洋裁|洋菓子製造|自動車工|西洋料理|造園|和裁|日本料理|レストランサービス|車体塗装|冷凍空調技術|ITネットワークシステム管理|情報ネットワーク施工|ウェブデザイン|とび|時計修理|移動式ロボット|
  • 第39回全国障害者技能競技大会での競技種目(23種目:選手数 約380人)
    洋裁|家具|Dtp|機械CAD|建築CAD|電子機器組立|義肢|歯科技工|ワード・プロセッサ|データベース|ホームページ|フラワーアレンジメント|コンピュータープログラミング|ビルクリーニング|製品パッキング|喫茶サービス|オフィスアシスタント|表計算|ネイル施術|パソコン操作|パソコンデータ入力|縫製|木工|

問い合わせ先

  • 新潟県産業労働部職業能力開発課
    • 住所 〒950-8570 新潟市中央区新光町4番地1 県庁11階
    • 電話 025-280-5263
    • Fax 025-280-5168
  • 新潟県職業能力開発協会 検定課
    • 住所 〒950-0965 新潟市中央区新光町15番地2 新潟県公社総合ビル4階
    • 電話 025-283-2155
    • Fax 025-283-2156
<外部リンク> 県公式SNS一覧へ