ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
パンくず トップページ > 組織でさがす > 産業労働部 商業・地場産業振興課 > 平成29年度新潟県商店街実態調査

本文

平成29年度新潟県商店街実態調査

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0059167 更新日:2019年3月29日更新

1 調査概要

  1. 調査目的
    県内商店街の実態を調査することにより、今後の施策展開の基礎資料とするとともに、調査結果を公表し、関係団体等の活性化に向けた取組の参考に供する。
  2. 調査の対象と方法
    1. 調査対象先
      県内276商店街団体(商店街振興組合、事業協同組合及び任意団体)
    2. 調査方法
      調査票送付方式(商工会・商工会議所経由)
  3. 調査期間
    平成29年10月(調査基準日:平成29年10月1日)
  4. 回収状況
    222団体より有効回答(有効回収率80.4%)
  5. 調査項目
    1. 商店街の現状(顧客層、閉店時間、景況、売上高や来街者数の変化 等)
    2. 商店街の問題と取組(問題点、ソフト事業やハード事業の取組 等)
    3. 空き店舗対策(空き店舗数、空き店舗が生じた理由、店舗誘致の取組 等)
    4. 行政等の支援(望む支援策、補助事業の予定 等)

結果の概要[PDFファイル/380KB]

報告書

報告書はこちらをクリックしてください

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ