ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
パンくず トップページ > 組織でさがす > 新発田地域振興局 地域整備部 > 新発田地域振興局地域整備部の管内の概況

本文

新発田地域振興局地域整備部の管内の概況

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0125088 更新日:2019年6月29日更新

 当管内は、新潟県の北部に位置し、新発田市、阿賀野市、胎内市及び北蒲原郡聖籠町の3市1町で構成されています。面積は1,029平方キロメートル、人口は約20万人です。東部には、ブナの原生林が繁り高山植物が咲く磐梯朝日国立公園、胎内二王子及び五頭連峰県立自然公園があり、緑豊かで雄大な山岳地帯となっています。
 一方西部には、これらの山岳地帯から一級河川阿賀野川・荒川、二級河川加治川・胎内川・落堀川の五清流が日本海に注ぎ、広大な沖積平野を形成しています。
 管内の中心都市である新発田市は城下町として発展し、県都新潟市と30分で結ばれる好位置にあり、平成17年5月1日に紫雲寺町・加治川村と合併しました。南部に位置する阿賀野市は、平成16年4月1日に4町村が合併した新市です。また、平成17年9月1日に中条町と黒川村が合併して胎内市が誕生しました。

市町村名 面積(平成31年4月1日) 現在 人口(平成31年4月1日 現在) 備考
新発田市 533.10km2 95,685人  
阿賀野市 192.74km2 41,301人  
胎内市 264.89km2 28,753人  
聖籠町 37.58km2 13,975人  
計(3市1町) 1,028.31km2 17,9714人  
<外部リンク> 県公式SNS一覧へ