ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
パンくず トップページ > 組織でさがす > 佐渡地域振興局 農林水産振興部 > 【佐渡】6月の旬の農産物を紹介します!

本文

【佐渡】6月の旬の農産物を紹介します!

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0181679 更新日:2019年8月3日更新

佐渡産「さくらんぼ」の時期がやってきました

さくらんぼ

○産地
  新穂、赤泊、金井、佐和田、畑野地区などで1月5日ヘクタール、約20名の農家が栽培しています。
  主力は中生品種の「佐藤錦(さとうにしき)」ですが、晩生の「紅秀峰(べにしゅうほう)」や早生の品種も栽培されており、収穫時期は6月初旬から7月上旬です。
○特徴
  「さくらんぼ」は、デリケートな果物なので雨に当たると実が割れてしまいます。そのため、開花後から収穫終了まで、雨よけビニールがかけられています。
  また、マメコバチや手作業による人工受粉で実をつけ、さらに選りすぐり(摘果作業)、最終的に良くなったものを1粒1粒収穫・選別して出荷されます。
  今年は5月の気温が高く、雨が少なかったことから品質の良いものが収穫されています。
  生産量が多くないので、販売される量も限られますが、佐渡産「さくらんぼ」を見かけたらぜひ御賞味ください。
 
○購入方法
  佐渡市内のスーパー等で購入できます。
  JA佐渡では贈答用化粧箱詰めの販売も取り扱っています。

   収穫期のさくらんぼ 

スイセン・チューリップ球根の時期です(球根の収穫)

  スイセンは3月、チューリップも4月から花が咲き始め、平年並みの気候では5月の連休にチューリップの見頃となります。開花が終わった頃から球根は肥大を始め、6・7月に球根を収穫します。
  スイセン・チューリップの球根は、葉が乾き球根が乾燥し始めた状態で収穫します。
  梅雨時期なので良いタイミングで掘り取ること、風通しの良い涼しい場所で乾燥・貯蔵を行うことで、品質を高めることができます。
  来年の花を楽しみたい方は、10月頃に店頭等で入手いただき、11月上中旬までに植え付けてください。

スイセン、チューリップ

     左:開花中のチューリップ 右:開花中のスイセン

PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader<外部リンク> Adobe Readerをダウンロードする<外部リンク>

農林水産振興部(農業振興担当)トップページに戻る 『「佐渡の食 オン・ステージ!」トップページへ戻る』 ◇このページに関するお問い合わせは 佐渡地域振興局農林水産振興部(農政庁舎)
〒  952-1211  新潟県佐渡市中興684 
電話:  0259-63-3185 普及課直通:  0259-63-4385  羽茂分室:0259-88-2064  ファクシミリ: 0259-63-4386 
電子メール:  ngt111150@pref.niigata.lg.jp 
このページの先頭へ

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ