ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
パンくず トップページ > 組織でさがす > 佐渡地域振興局 農林水産振興部 > 【佐渡】12月の旬の農産物を紹介します!

本文

【佐渡】12月の旬の農産物を紹介します!

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0056533 更新日:2019年3月29日更新

佐渡りんご「ふじ」が本番です

りんご
りんご

産地

 西三川(真野地区)では明治末期から栽培されており、島内各地(新穂、金井、畑野、両津地区)で約26ha栽培されています。

栽培の特徴

 佐渡産りんごは様々な品種が作られていますが、主力品種は「ふじ」で11月中旬頃から翌春まで味わうことができます。
樹上で完熟させ、甘みと酸味のバランスが良いのが佐渡産りんごの特徴です。
今年は度重なる台風により被害を受けましたが、農家はしっかり手入れして作ってきました。この時期の「ふじ」は蜜が入り、りんご好きにはたまらない味覚です。

購入方法

 佐渡島内のスーパー、直売所等で販売されています。

佐渡産「キウイフルーツ」甘酸っぱさが食後にピッタリです

キウイフルーツ
キウイフルーツ

産地

  畑野、両津地区を中心に約2ha、20数名で栽培されています。

栽培の特徴

 今年は、他の果物と同じく夏の高温乾燥や台風で被害を受けましたが、農家の努力により美味しく仕上がっています。
果肉が緑色の「ヘイワード」が生産の大半を占めていますが、酸味が少なく果肉が黄色の「センセーション・アップル」や「ジャンボイエロー」なども栽培されています。
主力品種の「ヘイワード」は11月下旬から、「センセーション・アップル」や「ジャンボイエロー」などは11月中旬から販売されています。
そのまま食べたり、他のものと合わせたり、工夫次第で食べ方は広がります。量は少ないですが見かけたらぜひご賞味ください。

購入方法

 佐渡島内のスーパー、直売所等で販売されています。

年末から春の彼岸まで、華やかな色彩と甘い香りを届けます「ストック切花」

ストック
ストック切花

産地

 新穂地区を中心に、島内各地でビニールハウスで栽培されています。ビニールハウスの中は、出荷直前の花で花盛りです。

栽培の特徴

  新潟県の他産地は10月から12月末までの出荷ですが、佐渡島は温暖なことから出荷期間が長く、10月から翌年3月まで出荷が続きます。ストックは、白・黄色・桃色・紫色・赤紫と様々な花色と、甘い香りを持つ花です。春らしいパステル調の色合いと柔らかな質感があり、和やかな温かい空間を演出してくれます。

購入方法

  佐渡島内のスーパー、直売所等で販売されています。これから年末にかけて出荷がどんどん増えていきます。是非手にとってみてください。


『「佐渡の食 オン・ステージ!」トップページへ戻る』

このページに関するお問い合わせは

佐渡地域振興局農林水産振興部(農政庁舎)
〒 952-1211 新潟県佐渡市中興684
電話: 0259-63-3185 普及課直通: 0259-63-4385 羽茂分室:0259-88-2064
ファクシミリ: 0259-63-4386
電子メール: ngt111150@pref.niigata.lg.jp

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ