ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

豚の肺炎

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0053934 更新日:2019年3月29日更新

一部廃棄が最も多い臓器は肺です!
ここでは、肺に見られる病変の一部について紹介します。

正常な肺の画像
正常な肺

豚流行性肺炎

肺の上部などに、桃色で透明感のある柔らかい病変を形成します。他の肺炎を引き起こす基礎となることも多く、生産性の低下を招きます。飼養環境の悪化を防ぎ、ワクチンの接種による予防が大切です。出荷された豚の半数以上がこの肺炎にかかっています。
原因となる病原体はMycoplasma hyopneumoniaeです。

病変部の画像
濃い桃色の部位が病変部

豚ヘモフィルス性肺炎

肺に暗赤色で硬い結節性の病変を形成します。胸膜炎を併発することが多く、急性型では死亡することもあります。
原因となる病原体はActinobacillus pleuropneumoniaeです。

病変部の画像
やや黒く隆起している部位が病変部

胸膜炎

肺炎が悪化し、炎症産物である線維素が肺の表面に広がった状態です。
悪化すると横隔膜と肺が癒着し、廃棄される部位が拡大します。

肺と横隔膜が癒着している画像
肺と横隔膜が癒着

肺膿瘍

厚い結合組織に囲まれたものが多く、中に膿汁を含みます。解体時に膿瘍が破壊されると、枝肉の汚染につながります。

膿汁の画像
黄色の液体が膿汁

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ