ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
パンくず トップページ > 組織でさがす > 村上地域振興局 企画振興部 > 【村上】三面川鮭稚魚放流式が行われました

本文

【村上】三面川鮭稚魚放流式が行われました

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0052901 更新日:2019年3月29日更新

5万匹の鮭稚魚を放流!

やさしく、そっと放流の画像
やさしく、そっと放流

 4月12日(木曜日)、村上市を流れる三面川(みおもてがわ)で、「三面川鮭稚魚放流式」が行われました。

 体重1.5グラム、体長6~8センチの稚魚5万匹を、バケツに取り分け放流しました。

 参加した市内の小学生は、たくましく立派に成長してふるさと「三面川」に帰ってくるよう願いながら、ゆっくり放流していました。

 小学生は1回の放流で終わらず、何度も何度もバケツに取り分け、「バイバイ」「また帰ってきてね」と声をかけながら、鮭稚魚を見送りました。

米山知事もかけつけましたの画像
米山知事もかけつけました!

元気いっぱいの鮭稚魚の画像
元気いっぱいの鮭稚魚

イヨボヤ会館のHPはこちら!<外部リンク>

三面川近くの「イヨボヤ会館」では鮭の稚魚を間近で観察することができます。水槽の中を元気に泳ぐ稚魚の様子をぜひご覧ください!

 

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ