ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 村上地域振興局 地域振興担当 > 【村上】鮭の遡上がピークを迎えました

本文

【村上】鮭の遡上がピークを迎えました

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0052651 更新日:2019年3月29日更新

《2012年11月28日掲載記事》

12月中旬までがピークです

イヨボヤ会館観察護岸の様子の画像
イヨボヤ会館観察護岸の様子

 村上市三面川で鮭の遡上がピークを迎えています。

 鮭の産卵ために整備された三面川の種川では、橋の上や川岸からでも鮭の姿を見ることができるほどです。取材の日(11月28日)には、30匹以上の鮭を確認することができました。三面川の鮭はまさに今が見頃。運が良ければ感動的な産卵シーンを見ることができるかもしれませんよ!

 種川近くのイヨボヤ会館には、種川を水中から見られる観察護岸があり、自然の姿で泳ぐ鮭を間近に観察することができるのでおすすめです。イヨボヤ会館によると、鮭の遡上は12月中旬くらいまでが見頃とのことです。ぜひお立ち寄りください。

※観察護岸は水槽ではありませんので、天候などの影響で水が濁っていたり、鮭の数が少なかったりする場合があります。なお、村上地域振興局では、「種川再生事業」として種川の水質改善や水量の回復に取り組み、よりよい種川づくりを目指しています。

写真では少し見にくいですが、橋の上からも鮭が見られますの画像
写真では少し見にくいですが、橋の上からも鮭が見られます

イヨボヤ会館の水槽にもたくさん鮭がの画像
イヨボヤ会館の水槽にもたくさん鮭が

イヨボヤ会館のHPはこちら<外部リンク>

 

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ