ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 村上地域振興局 地域振興担当 > 【村上】出格子窓再現ワークショップが始まりました!

本文

【村上】出格子窓再現ワークショップが始まりました!

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0052852 更新日:2019年3月29日更新

住民の手作りで出格子窓を再現!

住民の手作業で出格子を作っていきますの画像
住民の手作業で出格子を作っていきます

 湊町の伝統的風情が残る村上市塩谷地区で、よりよい町並み作りを目指す「出格子窓再現ワークショップ」が始まりました。
 ワークショップは、塩谷の伝統的な町屋の特徴である「出格子窓」を住民の手で再現し、塩谷本来の景観を取り戻すことを目的にしています。
 本格的な作業は、8月5日(日曜日)から始まりました。出格子は、塩谷地区の皆さんの手で作っています。最初に、地元の大工さんを中心に、特別に発注した木材を1枚1枚丁寧に組み立てます。組み立てられた出格子にペンキを塗るのは、子どもたちが担当します。子どもたちは、出格子窓が並ぶ町並みを想像しながら、楽しそうにペンキを塗っていきます。
 出格子は、10月14日(日曜日)開催予定の町屋公開イベントまでに、約60枚を作製する予定です。秋には皆さんに出格子窓の風情を楽しんでいただけるよう、暑さに負けず頑張っています!

組み立ての様子の画像
組み立ての様子

ペンキ塗りは子どもたちの担当ですの画像
ペンキ塗りは子どもたちの担当です

伝統的な出格子窓の画像
伝統的な出格子窓

出格子窓
 窓から外へ張り出して作ってある格子のこと。
 家の中を見られずに風通しをよくする工夫で、道に面している町屋に多く見られる特徴です。

塩谷地区についてはこちら(塩谷基地HPへ)<外部リンク>

 

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ