ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 村上地域振興局 地域振興担当 > 【村上】グリーン・ツーリズム写真コンテスト結果発表!

本文

【村上】グリーン・ツーリズム写真コンテスト結果発表!

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0052570 更新日:2019年3月29日更新

行ってみたいな えちご村上・関川・粟島 -ひと、まち、ふれあい-

グリーン・ツーリズム写真コンテスト
審査会の様子

 村上地域グリーン・ツーリズム協議会では、村上地域(村上市・関川村・粟島浦村)の魅力を広く発信するために、人と人とのふれあいや、とっておきの風景など、村上地域に行ってみたいと思わせるような写真を募集しました。
 県内外の70人から151点の応募があり、1月30日に審査が行われました。
 審査結果の発表では審査委員長から「出品していただいた作品の数が多く大変でした。内容的にもグリーン・ツーリズムの趣旨を良く理解した作品が多く絞り込んでいくうちに良い写真が残りました。交流人口が増えそうな写真、行ってみたくなるような写真が多く、村上のいいところが再確認できました。最優秀賞・優秀賞の3点は満場一致で決定しました。」と報告がありました。

最優秀賞と優秀賞はこちらの写真です

最優秀賞
最優秀賞「大毎の獅子舞 収穫を祝って!」

最優秀賞
題名:大毎の獅子舞 収穫を祝って!
氏名:佐藤 勝敏
撮影場所:村上市大毎のコスモス畑
コメント:コスモス畑で収穫祭、獅子舞で収穫を祝う

審査員長からのコメント
 田舎の野山に花畑の背景がいい。画面内に日常を感じさせる要素がないファンタジックな明るさの中で、ゆったりとした田舎の時間が流れる。花の中で笛を吹くはっぴ姿の男性と唐草紋様の上にちょこんと乗っかった獅子頭になぜか飄逸としたおかしさが感じられる。

優秀賞「世界の友も」の画像
優秀賞「世界の友も」

優秀賞
 題名:世界の友も
 氏名:大滝登
 撮影場所:村上市寺町
 コメント:各国の学生も参加してくれました

審査員長からのコメント
 新しいイベントにも伝統の要素を忘れない村上。リズミカルに浮かぶ竹灯籠と外国のお客様の笑顔。ムードのある表現の中に村上の観光の古くて新しい取り組みを表現している。

優秀賞「観光案内ボランティア体験」の画像
優秀賞「観光案内ボランティア体験」

優秀賞
 題名:観光案内ボランティア体験
 氏名:栗原 光男
 撮影場所:味匠 喜っ川前
 コメント:学生がチラシを配布しながら観光案内の説明をしていた体験学習の一こま

審査員からのコメント
 押さえられた色彩表現の中で人物配置や歩道ブロックでリズム感を出している。伝統産業を担う店舗の背景に高校生の制服姿が不思議と溶け込んでいる。それぞれの視線やポーズまで計算したとすれば相当にハイレベルな写真だ。しかしそれよりも大事なのは伝統を繋いでいってくれる若者がテーマとなっていることだ。

佳作作品

題名 氏名
ろっくしっぷと村夢米(ムラムライス) 石栗 勝義
ふれあい小俣宿 村山 優子
大蛇の上で 渡辺 一寿
笛を吹く少女 石田 誠善
村上駅舎(塩引き鮭のパッチワーク) 山田 耀一

入選作品

題名 氏名
夕照の漁港 小林 敏行
まずはここから 早乙女初めてのはざかけ NPO法人 共存の森ネットワーク
笹川流れの夕景 小林 正義
村夢米とろっくしっぷ 渡辺 貴良
彩り(いろどり) 立川 正允
居操漁解禁 川上 貞憲
おじいちゃんとお花見 小田 平
塩引き街道 遠宮 武雄
初秋のぶな林 冨樫 錬太郎
出羽街道の早春 品田 祐子

 結果発表を終えた協議会を代表して村上地域振興局長から、「村上の素晴らしさが151点に散りばめられていた。素材に恵まれた地域であることが再確認できた。こういった素材にどれだけ息を吹き込んでいけるかが重要。この地域の魅力をじっくりと感じていただいてリピーターになって村上のファンを作っていけるよう有効に活用していきたい。」とこれからの活動が重要という考えが示されました。

 今回応募いただいた作品は、2月下旬から村上管内「道の駅」で展示を行います。詳細が決まり次第ホームページ等でお伝えしていきます。県庁18階展望ギャラリーでも展示会を行います。(期間:3月7日(土曜日)~3月31日(火曜日))
 コンテストで入選した作品は、グリーン・ツーリズム関連のポスターやパンフレット等に使用されます。

グリーン・ツーリズムに関する問い合わせ先

  • 村上地域振興局農林振興部 企画振興課
    電話:0254-52-7928
  • 村上地域グリーン・ツーリズム協議会事務局
    電話:0254-72-0663

 

 

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ