ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 福祉保健部 高齢福祉保健課 > 地域包括支援センターの概要

本文

地域包括支援センターの概要

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0051132 更新日:2019年3月29日更新

「地域包括支援センター」へ戻る
 

地域包括支援センターの概要

地域包括支援センターは、高齢者の方々が住み慣れた地域で、いつまでも健やかに安心して生活していけるように、介護、福祉、健康、医療などさまざまな面から総合的支えるために市町村が設置している機関です。

県内の地域包括支援センターの一覧はこちら

センターでは、保健師、社会福祉士、主任ケアマネジャーの専門職員が、それぞれの専門性を生かし、相互に連携・協働しながら、チームとして以下の業務を行なっています。

総合相談支援

高齢者やその家族等からの、介護や介護予防サービスに関することだけでなく、保健・福祉・医療やその他生活に関するさまざまな相談に応じ、必要な情報提供やサービス調整を行っています。

介護予防ケアマネジメント

要介護等認定で要支援1・2と認定された方や、支援や介護が必要となるおそれのある方の状態に合わせた、介護予防サービス(※)を効果的に利用するための計画作成、サービス調整等を行っています。

※介護予防サービスとは 心身の状態の悪化、または要支援・要介護状態になることを防ぐことを目的として実施される、運動器の機能向上のための運動教室、栄養改善のための食事指導、口腔機能の向上のためのそしゃく機能訓練などのサービスです

高齢者の虐待防止と権利擁護事業

高齢者の方々の権利や安全を守るために、虐待の防止・早期発見、悪質な訪問販売等による消費者被害の防止、成年後見制度(※)を利用するための手続きの支援等を行っています。

※成年後見制度とは 認知症などにより適切な判断を行うことが難しくなった方の、財産管理や契約の締結を行う代理人の選任、本人が誤った判断により契約を締結した場合に取り消すことができるようにすることなどにより、その方を不利益から守る制度です。

包括的・継続的ケアマネジメント事業

高齢者の方々に必要なサービスや支援が円滑に行われるように介護支援専門員に支援や指導を行っています。
また、様々な関係機関との連携を十分に図るためのネットワーク構築を行い、地域の高齢者の支援体制を作っています。

このページに関するお問い合わせは

高齢福祉保健課 在宅福祉班
〒 950-8570 新潟市中央区新光町4番地1
電話: 025-280-5192
ファクシミリ: 025-280-5229
電子メール: ngt040230@pref.niigata.lg.jp
このページに関するお問い合わせは<外部リンク>

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ