ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 県政情報 > 県の広報・広聴・県報 > 新潟県広報コンクールの受賞作品が決定しました

本文

新潟県広報コンクールの受賞作品が決定しました

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0253863 更新日:2021年2月2日更新

令和2年度(第58回)新潟県広報コンクール

新潟県と県内全30市町村で構成する新潟県広報協議会では、市町村の広報技術向上と広報行政の発展に寄与するための事業として、「新潟県広報コンクール」を開催しています。
今回で58回目となり、1月25日(月)に審査会が開催され、各部門での賞が決定しました。

審査結果

 各部門の最優秀賞となる「知事賞」を受賞したのは、以下の市町村です。

 【広報紙の部】
  ・長岡市 「ながおか市政だより」10月号
  ・新発田市 「広報しばた」3月2日号

 【一枚写真】
  ・三条市 「広報さんじょう」12月1日号(表紙)

 【組み写真】
  ・長岡市 「ながおか市政だより」9月号(p18-19)

 【広報映像】
  ・燕市 「長善館 『越北の鴻都 私塾 長善館』」(11分43秒)

 新潟県広報コンクールとは

 市町村の広報技術向上のため毎年行われ、今年で58回目となります。
 公益社団法人 日本広報協会主催「全国広報コンクール」への推薦作品の決定も兼ねています。

審査対象

 令和2年1月から令和2年12月までに市町村が作成し、広報用に配布等された広報作品
 全70点(広報紙20点、一枚写真22点、組み写真15点、広報映像13点)

審査員

株式会社ニューズライン Komachi  副編集長 佐藤亜弥子 氏

新潟日報社 論説編集委員室 次長 上杉建夫 氏

比留川勇広告写真事務所 代表 比留川勇 氏

株式会社ソルメディエージ 代表取締役 丸山健太 氏

NPO法人市民協働ネットワーク長岡 副代表理事 渡辺美子 氏

新潟県広報監 杉山秀人 

その他

  • 表彰は、令和3年度県広報研修会にて行う予定です。
  • 「令和3年全国広報コンクール」公益社団法人日本広報協会主催に、県広報コンクールの知事賞受賞作品(※)を推薦します。全国の審査結果は今年5月上旬頃発表の予定です。

※知事賞受賞の新発田市(広報紙の部)については、(社)日本広報協会未加入のため、全国広報コンクールへの推薦対象とならず、次点(入選)の燕市の作品を推薦
※知事賞受賞の三条市(広報写真の部)については、自治体職員以外による撮影のため、全国広報コンクールの推薦要件に該当せず、次点(入選)の出雲崎町の作品を推薦

 

コンクールの詳細、各部門の審査結果はこちらをご覧ください。

 令和2年度新潟県広報コンクール報道発表資料 [PDFファイル/161KB]

  令和2年度新潟県広報コンクール審査結果 [PDFファイル/98KB]

  令和3年度全国広報コンクール推薦作品 [PDFファイル/97KB]

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ