ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
パンくず トップページ > 組織でさがす > 企業局 総務課 > 企業局:北新潟太陽光発電所

本文

企業局:北新潟太陽光発電所

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0049289 更新日:2019年3月29日更新

 新潟県企業局では、新潟県が推進している「新潟版グリーンニューディール政策」の一環として、大規模太陽光発電所建設を進めてきました。
 現在、新潟県東部産業団地(阿賀野市)で17メガワットの太陽光発電所(新潟東部太陽光発電所1・2・3号系列)を営業運転中です。
 同様に、新潟県競馬組合厩舎跡地(新潟市北区)で4メガワットの太陽光発電所(北新潟太陽光発電所)を営業運転中です。

※「新潟版グリーンニューディール政策」
地球温暖化問題に対処しつつ、関連産業の振興を図る観点から、再生可能エネルギーの導入拡大を図る等、新たな成長につながる将来への投資に取り組むもの

リーフレット(北新潟太陽光発電所の設備概要)[PDFファイル/287KB]

事業概要

  • 最大出力 約4メガワット(3,980キロワット 1,990キロワット×2系列)
  • 想定年間発電電力量 約5,900メガワット時(約1,700世帯の年間消費電力量に相当)
  • 運転開始時期 平成26年11月28日
  • 建設期間 平成25年度~平成26年度
  • 建設地 新潟県競馬組合厩舎跡地(新潟市北区白勢町地内)
  • 敷地面積 約10.4ヘクタール
  • 総事業費 約18億円

北新潟太陽光発電所の画像
北新潟太陽光発電所

より解像度の高い画像データ[その他のファイル/1.98MB]

特徴

地元企業の活性化、高品質・高効率で長寿命の太陽光発電システム

  • 地域・雇用への貢献
     県内資材の積極的な採用。一次、二次下請には全て県内業者を採用。太陽電池パネル、電気機器は国内又は県内製造品を採用。
  • 太陽電池モジュールの出力保証
     国内最大級高出力単結晶モジュール266Wを採用。10年間の無償保証・25年間で80%以上の出力リニア保証を確保。
  • 気象条件や周辺環境に適したシステム設計
     
    気象条件(積雪・降雪・塩害)を最大限に考慮したシステム設計に加え、高効率モジュールと業界トップクラスのパワーコンディショナーとの組合せにより、高い発電電力量を得ます。
  • 鋼管杭基礎採用により環境性向上、工期短縮
  • 高出力単結晶シリコンモジュール
     太陽電池容量 5,414kW(=266W/枚×20,356枚)
  • 高効率パワーコンディショナー
     PCS(Power Conditioning System 直流交流変換装置)容量 3,980kW(=500kW/台×6台+490kW/台×2台)
  • 受変電設備
     エネセーバ(励突抑制機能付負荷開閉器)採用による省エネ化、長寿命化
  • パネル設置角度 30度固定
  • 架台高さ 1.5m(パネル下端の地上高)

スケジュール

  • 平成25年度
    • プロポーザル方式により請負者を決定し、工事契約
    • 設計及び機器製作(一部)
    • 接続契約、設備認定
  • 平成26年度
    • 機器製作
    • 据付工事
    • 試験調整
    • 営業運転開始(平成26年11月28日)

関連情報

北新潟太陽光発電所の竣工式を行いました。(平成26年11月28日 総務課)

太陽光発電に関する参考情報

太陽光発電に関する一般的な疑問に対する回答が得られるウェブサイトや書籍を御紹介します。

このページはリンク自由です

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ