ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・安全・環境 > 防犯・交通安全 > 新潟第一高等学校(新潟市中央区)で自転車ヘルメット着用促進に向けた「生徒との意見交換会」を行います

本文

新潟第一高等学校(新潟市中央区)で自転車ヘルメット着用促進に向けた「生徒との意見交換会」を行います

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0668999 更新日:2024年7月10日更新

 県では今年度「自転車ヘルメット着用促進県民キャンペーン」を実施し、様々な機会を捉え、県民への自転車ヘルメット着用を呼びかけることとしています。

 このたび、ヘルメット着用モニター協力校である学校法人石善学園 新潟第一高等学校の生徒の皆さんと、下記のとおり意見交換会を行いますので、お知らせします。

 

1 実施日時

  令和6年7月18日(木曜日)午後4時15分~午後5時

2 実施場所

  新潟市中央区関新3-3-1 学校法人石善学園 新潟第一高等学校 

  南棟3階 多目的ホール

3 参加者(予定)

  新潟第一高等学校生徒 10人、新潟第一高等学校教職員

  県警察本部交通企画課員、新潟中央警察署交通課員、総務部県民生活課交通安全対策室員

4 実施内容

 ・ヘルメット着用モニター協力校である新潟第一高等学校において、生活部に所属する生徒、ヘルメットモニター生徒など10人と、高校生のヘルメットに対する考え方、どうすればヘルメットの着用を促進することができるかなど、意見交換を行います。

 ・自転車利用者が多い年代である高校生から率直な意見をお聴きし、今後のヘルメット着用促進施策に活かすことを目的としており、県として初めて実施する取組です。

 

5 取材について

 ・取材いただける場合は、学校側準備の都合上、実施日前日までに下記担当あてご連絡願います。(取材者人数、車両台数を事前にお知らせください)

 ・取材当日は、午後4時までに新潟第一高等学校正面玄関前に集合してください。

 ・意見交換会は一部非公開となりますが、意見交換終了後のインタビュー等は可能です。

 

6 その他

 ・新潟第一高等学校・中学校のヘルメット着用モニターは6月末時点で11人となっています。

 ・モニターに貸与するヘルメットは、全国共済農業協同組合連合会新潟県本部様から新潟県交通安全対策連絡協議会(会長:新潟県知事 花角英世)に寄贈いただいたものを活用しています。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ