ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
パンくず トップページ > 組織でさがす > 農林水産部 中央家畜保健衛生所

本文

農林水産部 中央家畜保健衛生所

pr画像

所管区域

所管区域

管轄市町村(令和元年8月1日現在 6市1町1村)

新潟市、五泉市、三条市、加茂市、燕市、見附市、田上町、弥彦村

中央家保管内の家畜飼養頭羽数(平成31年2月1日現在)

 
  戸数

頭羽数   

乳用牛 55 1,704
肉用牛 18 1,172
38 45,484
採卵鶏(100羽以上飼養) 27 341,500
肉用鶏(100羽以上飼養) 4 36,340

 

  管内の総面積は1,889㎢で、新潟県のほぼ中央に位置し、広大な水田の広がる新潟平野とその背後に続く低標高の中山間地域である。                         

 畜産は管内のほぼ全域で行われ、「稲作+畜産」の複合経営の形態をとり、酪農及び養豚の盛んな地域である。飼養戸数、飼育頭数はやや減少の傾向にあるが、規模拡大が進んできている。

 畜種別では、乳用牛は新潟市西蒲区、新潟市秋葉区及び五泉市で管内の過半数が飼養され、肉用牛は主に新潟市北区、五泉市及び三条市で飼養されている。豚は新潟市西蒲区、新潟市南区、燕市、弥彦村及び三条市で多く飼養されている。採卵鶏は中小規模ながら、新潟市、五泉市などで飼養され、ブロイラーは、燕市、三条市などで飼養されている。三条市には大規模種鶏場があり、系列のふ化場へ種卵を供給している。

中央家畜保健衛生所の施設概要

1 用地 3,830.92平方メートル [借地(新潟市)]

2 建物

  (1)本館 総面積 1,209.60平方メートル

  (2)付属施設

     実験動物舎(72.00平方メートル) 堆肥舎(20.00平方メートル)

     解剖室(27.50平方メートル) 焼却室(18.32平方メートル)

     車庫(84.40平方メートル) 

  (3)BSE検査施設 長岡市大沼新田 面積(281.69平方メートル)

 

平面図

外観

外観

 

解剖室

解剖室

 

検査室

検査室

   

bse施設               

BSE施設                                                               

アクセス

アクセス

 【JR越後線】 越後曾根駅下車 徒歩20分

 【自動車】 北陸自動車道巻潟東インターチェンジから北西1,900m

 


関連情報