ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 上越地域振興局 地域整備部 > 上越地域における二級河川流域治水協議会

本文

上越地域における二級河川流域治水協議会

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0415883 更新日:2021年8月2日更新

上越地域における二級河川流域治水協議会について

協議会の設立趣意

 令和元年東日本台風をはじめ、平成30年7月豪雨や平成29年九州北部豪雨など、近年激甚な水害が頻発しているところであり、さらに、今後、気候変動による降水量の増大や水害の激甚化・頻発化が予測されています。

 こうした背景から、令和2年7月に社会資本整備審議会会長から国土交通大臣に対して「気候変動を踏まえた水災害対策のあり方について~あらゆる関係者が流域全体で行う持続可能な「流域治水」への転換~」が答申され、水災害リスクの増大に備えるために、これまでの河川・下水道等の管理者の取組だけではなく、集水域から氾濫域にわたる流域全体のあらゆる関係者が協働し、流域全体で水害を軽減させる治水対策、「流域治水」への転換と推進が必要となっています。

 「上越地域における二級河川流域治水協議会」は、河川整備計画に基づく河川整備や、減災対策協議会の取組方針に基づく避難や水防等の取組を十分に共有するとともに、被害の防止・軽減に資する流域における対策も検討に加え、密接な連携体制を構築するための協議等を実施の上、流域治水対策の全体像を「上越地域における二級河川流域治水プロジェクト」として策定・公表し、流域治水を計画的に推進することを目的に、令和3年6月17日に設立しました。

上越地域における二級河川流域治水協議会の開催状況

関川・姫川流域治水協議会(国土交通省北陸地方整備局高田河川国道事務所)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ