ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 上越地域振興局 農林振興部 > 宇津俣地区の等高線区画方式の水田で初めて田植えが行われました

本文

宇津俣地区の等高線区画方式の水田で初めて田植えが行われました

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0046770 更新日:2019年3月29日更新

 農地環境整備事業「宇津俣地区」において、ほ場整備の工事を昨年末に終えた第1工区で、本地区初となる田植えを農事組合法人「雪太郎の郷」が5月30日に行いました。

宇津俣地区の等高線区画方式の水田で初めて田植えが行われた様子の画像

 第1工区は等高線区画方式を採用した工区です。角が無いバナナのようなカーブでスムーズな田植えが行えました。

農事組合法人「雪太郎の郷」の皆さんの画像
農事組合法人「雪太郎の郷」の皆さん

トップページに戻る

このページに関するお問い合わせは

上越東農林事務所 農村整備課
〒 942-0411 上越市安塚区安塚720-1
電話: 025-592-3656 025-592-3633
ファクシミリ: 025-592-3591
電子メール: ngt111941@pref.niigata.lg.jp

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ