ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・安全・環境 > 自然・環境・リサイクル・ごみ > 市町村におけるごみ減量化・リサイクルの取組状況

本文

市町村におけるごみ減量化・リサイクルの取組状況

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0044430 更新日:2019年3月29日更新

 平成30年4月1日現在の県内市町村におけるごみの減量化やリサイクルに関する取組状況は、次のとおりです。
 (県内市町村数は30です。)

分別数(粗大ごみを含む)

 県内市町村におけるごみの分別数(粗大ごみ含む。)は10~23であり、このうち14・15分別を行っている市町村が5市町村と最も多くなっています。
 分別数の平均は14.8で、昨年度(14.7)より0.1ポイント増えています。

分別数別市町村数のグラフ

資源ごみの分別(住民排出段階)

  28年度 29年度 30年度 構成比
缶・金属 30% 30% 30% 100.0%
ガラスびん 30% 30% 30% 100.0%
古紙 30% 30% 30% 100.0%
ペットボトル 29% 29% 29% 96.7%

集団回収への支援

  28年度 29年度 30年度 構成比
実施市町村数 12% 12% 12% 40.0%
奨励金助成 12% 12% 12% 40.0%
用具の貸出 1% 1% 1% 3.3%
場所又は施設の提供 0 1% 1% 3.3%
その他 1% 1% 1% 3.3%

家庭ごみ(可燃ごみ)の有料化の状況

  28年度 29年度 30年度 実施率
市町村数 人口
従量制 23% 23% 23% 76.7% 93.2%
定額制 1% 1% 1% 3.3% 0.01%
24% 24% 24% 80.0% 93.2%
注)人口実施率は平成30年3月31日現在住民基本台帳人口から算定しています。

 調査結果について、詳しくは下記をご覧ください。

ごみ減量化・再資源化実態調査結果取りまとめ

ごみ減量化・再資源化実態調査結果(平成30年度)(PDF形式 378キロバイト)

過去の調査結果

一般廃棄物(ごみ)の処理状況

一般廃棄物の処理状況はこちら

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ