ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 土木部 技術管理課 > 建設工事請負基準約款第26条第6項【インフレスライド条項】の適用について

本文

建設工事請負基準約款第26条第6項【インフレスライド条項】の適用について

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0044215 更新日:2023年3月1日更新

 公共工事設計労務単価に係る賃金水準の変動や物価水準等の変動ついて、建設工事請負基準約款第26条第6項(インフレスライド条項)を適用します。
 本ページでは、運用についてまとめた運用マニュアルや様式集についてお知らせします。

運用マニュアル

  
   過年度の運用マニュアル(令和5年2月28日まで適用)

様式

  ・ 様式集【令和5年3月1日以降適用】[Wordファイル/109KB]

   過年度の様式集(令和5年2月28日まで適用)

​  ・ 様式集【令和5年2月28日まで適用】 [Wordファイル/109KB]

Q&A

   過年度のQ&A(令和5年2月28日まで適用)​

協議状況

更新情報

  • 令和5年2月16日 令和4年3月1日以降適用の協議状況(インフレスライドの申請があり協議中の工事)を更新しました。
  • 令和4年11月28日 令和3年3月1日以降適用の協議状況(インフレスライドの申請があり協議中の工事)に変更はありません。
  • 令和4年11月28日 令和2年3月1日以降適用の協議状況(インフレスライドの申請があり協議中の工事)に変更はありません。 

算定状況

更新情報

  • 令和5年2月16日 令和4年3月1日以降適用の算定状況(スライド額を算定し協議書を取り交わしている工事)を更新しました。
  • 令和4年11月28日 令和3年3月1日以降適用の算定状況(スライド額を算定し協議書を取り交わしている工事)に変更はありません。
  • 令和4年11月28日 令和2年3月1日以降適用の算定状況(スライド額を算定し協議書を取り交わしている工事)に変更はありません。 

参考

建設工事請負基準約款(抜粋)
 第26条第6項(インフレスライド条項)
 予期することができない特別の事情により、工期内に日本国内において急激なインフレーション又はデフレーションを生じ、請負金額が著しく不適当となったときは、発注者又は受注者は、前各項の規定にかかわらず、請負金額の変更を請求することができる。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ