ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
パンくず トップページ > 組織でさがす > 土木部 監理課 > 地域保全型工事の試行について

本文

地域保全型工事の試行について

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0041829 更新日:2019年3月29日更新

地域保全型工事の概要についてお知らせします。

地域保全型工事の概要

  • 地域保全型工事とは
    予定価格250万円を超え7,000万円未満の特殊な技術を要しない地域の安全・安心確保に深く関わる土木一式工事であって、発注者が選定する工事のことをいいます。
  • 地域保全型工事を発注することを通じて、地域に貢献する建設業者(地域貢献地元企業)の受注機会の確保を図ります。
  • 地域保全型工事は、地域貢献地元企業の中から指名業者を選定し、指名競争入札により発注します。
  • 発注時に以下のような条件が、受注者に対し課されます。​
    • 下請は、2次までとすること。
    • 原則、管内に本店又は支店を有する下請負人へ下請負すること。
    • 適正な下請契約締結などの法令遵守を徹底すること。
    • 技能労働者の労働条件の改善を図ること。

地域貢献地元企業に認定されるには

  • 県内に本店があり、新潟県の建設工事入札参加資格を取得している必要があります。
  • 本店又は支店のある地域整備部に申請が必要です。
  • 認定要件は各地域整備部で異なる場合があります。認定要件や申請書の様式等は、各地域整備部にお問い合わせください。
  • 申請期間:各地域整備部とも、平成30年4月16日から5月14日まで申請を受け付けます。(平成31年5月14日までは申請を随時受け付けます。)
  • 認定期間:平成30年5月14日までに申請し認定された場合、認定期間は平成30年6月1日から平成32年5月31日までとなります。

地域保全型工事試行要領等について

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ