このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の空気中放射能濃度測定器
本文はここから

空気中放射能濃度測定器


概要

 新潟県では、発電所周辺の3地点で大気中に含まれる放射能濃度を測定しています。
 ここでは、ダストモニタ、ヨウ素モニタの2つの測定器を紹介します。

ダストモニタ

 大気をろ紙に1日6時間×4回吸引し、その全ベータ放射能濃度、全アルファ放射能濃度を測定しています。また、1ヶ月毎にろ紙を切り取り、ゲルマニウム半導体検出器でガンマ線の測定も行っています。目的とする核種は粒子状のI-131、Cs-137等です。
 測定のデータは24時間リアルタイムで放射線監視センターに伝送しています。

ヨウ素モニタ

 ヨウ素131は、発電所から放出が予想される人工放射性核種です。
 このヨウ素モニタでは、大気を24時間、活性炭カートリッジに吸引し、そのカートリッジに気体状のI-131が含まれていないかを調べています。

現在の環境放射線

リアルタイム情報は上の画像をクリック

監視業務のご紹介

放射線監視センター施設

   監視体制・評価会議・公表方法etc
   放射線に関する用語や単位etc
   国・県・市村・事業者等へのリンク集