このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の調査・研究
本文はここから

調査・研究


概要

 新潟県放射線監視センターでは、県民の安全を確認するため、原子力発電所周辺の環境放射線監視調査を行っていますが、この調査に役立てるため、環境放射線に関する調査・研究も行っています。
 新潟県が行っている調査・研究の目的は、おおきく次の3つに分けることができます。

1 発電所周辺の放射性物質のバックグラウンドレベルの把握
 私たちの身の回りには、自然界にある放射性物質のほか、過去の核実験等に由来する人工放射性物質があります。放射性物質のバックグラウンドレベルを測定・把握することによって、発電所の影響の有無を確認しています。

2 県内全域バックグラウンド調査
 生活環境における平常時の状態を把握するため、県内全域を対象に空間放射線の測定及び環境試料中(浮遊じん、陸水、土壌、海水)の放射能の測定を行っています。

3 新しい放射線測定法等の開発
 技術の進歩により、迅速で精度のよい放射線の測定法が開発されています。これら新しい測定法を県の監視調査に用いることができるか検証しています。

 具体的な調査・研究の内容については、下記をご覧ください。

調査・研究内容

H28年度

1 新潟県内におけるin-situ(現地)測定法による放射能調査
 新潟県内のバックグラウンド地域を中心とした地点において、可搬型ゲルマニウム半導体検出器を用いて、ガンマ線放出核種の存在状況を把握する。
 
2 環境中トリチウムレベル調査
 トリチウムは天然起源であるとともに原子力発電所から放出される核種であり、環境中の濃度レベルを把握することは重要である。
 従来法と電解濃縮法を比較検討する。また、電解濃縮装置を用いて環境中のトリチウム濃度を正確に把握する。
 
3 環境中長半減期核種の分布調査
 環境試料中の長半減期放射性核種であるCs-137、Sr-90、Pu-239,240の濃度レベルを把握する。また、ICP-MS法により、プルトニウム同位体比を測定し、その起源を調査する。
 
4 福島第一原子力発電所の事故により放出された放射性物質による県内のバックグラウンド影響の調査・検討
 全県を対象に空間放射線、環境試料中の放射能測定などの基礎的データの把握を行う。

調査研究報告

調査研究の内容については、放射線監視センター年報にとりまとめ、公表しています。

現在の環境放射線

リアルタイム情報は上の画像をクリック

監視業務のご紹介

放射線監視センター施設

   監視体制・評価会議・公表方法etc
   放射線に関する用語や単位etc
   国・県・市村・事業者等へのリンク集