このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の各種サーベイメータ
本文はここから

各種サーベイメータ


概要

 サーベイメータとは、放射線や放射能に関する情報を簡便に測定することを目的とする携行型の放射線測定器です。緊急時には、多数のモニタリング地点に赴きサーベイメータを用いて測定を行います。また、作業員の被ばく汚染の有無を確認することにも用いられます。
 測定する放射線の種類や目的等によって使用する機器が異なります。ここでは放射線監視センターにあるサーベイメータを紹介します。

各種サーベイメータの紹介

NaIシンチレーション式サーベイメータ

ガンマ線、エックス線を測定します。
主に緊急時の空間放射線量率のモニタリングに用いられます。

電離箱式サーベイメータ

ベータ線、ガンマ線、エックス線を測定します。
NaIシンチレーション式サーベイメータと同様に緊急時に用いられますが、特に、数mSv/h程度までの高レベルの空間放射線量率のモニタリングに用いられます。

GM管式サーベイメータ

ベータ線の感度に優れており、作業員や物質表面の放射能汚染測定に用いられます。
ガンマ線の測定も可能ですが、感度はNaIシンチレーション式サーベイメータに劣ります。

中性子線サーベイメータ

中性子線の測定を行うために用いられます。

La-Brスペクトルサーベイメータ

ガンマ線の核種分析を行うことができます。
放射線を放出している核種を知ることができます。

現在の環境放射線

リアルタイム情報は上の画像をクリック

監視業務のご紹介

放射線監視センター施設

   監視体制・評価会議・公表方法etc
   放射線に関する用語や単位etc
   国・県・市村・事業者等へのリンク集