このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の万一、事故が起きてしまったら
本文はここから

万一、事故が起きてしまったら


一般に、予想される事態には様々なレベルがあり、その際にとるべき対応も異なります。
 原子力災害時には、発電所の排気塔から気体状の放射性廃棄物が風に乗って大気中へと漏れ出す可能性があります。

 この場合には、雲状に広がった放射性雲からの放射線によって被ばくすることや、風に乗って運ばれてくる放射性物質を口から吸い込んでしまうことが考えられます。

 そこでこのような事故の際には、まずは第一段階として家の窓をしっかりと閉じて屋外に出ないようにすることが大切です。そしてテレビやラジオ、防災無線などの情報に耳を傾けましょう。

 その後、国や県等の指示に従って必要な行動(家の中でそのまま待機するのか、コンクリート退避建屋に退避するのか等)をとることになります。

現在の環境放射線

リアルタイム情報は上の画像をクリック

監視業務のご紹介

放射線監視センター施設

   監視体制・評価会議・公表方法etc
   放射線に関する用語や単位etc
   国・県・市村・事業者等へのリンク集