このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の健康・医療・衛生の中の生活衛生課
本文はここから

生活衛生課

2017年03月30日

(県民のみなさまへ)食の注目情報

(営業者のみなさまへ)店舗営業の情報

     現在、掲載中のチラシはこちらです。
      燃焼灰の利用自粛について/ねずみ・衛生害虫の防除/美容所の衛生管理/食品表示の注意点
      /牛の生食用食肉の提供で新たに基準が出来ました!/腸炎ビブリオ食中毒に注意しましょう!
      /計画停電時の食品の衛生的取扱い/加工デンプン等は食品添加物の表示が必要です
      /異物混入に注意!/除毒処理完了前のフグの販売に注意!/井戸水等使用時の注意点
      /食品衛生責任者の責務/取扱いに注意を要する食品があります!!
      

生活衛生

狂犬病予防・動物愛護に関すること

  • ►犬や猫がいなくなったら
  • 「保健所」「動物愛護センター」「警察署」「市役所」等に連絡してください。どこかに一報が入っている場合があります。
  • 犬を「保健所」「動物愛護センター」で保護した場合、返還には5,270円/匹の手数料(新潟県収入証紙で納付)が必要です。
  • ☆鑑札、迷子札などを首輪につけましょう。
  •      
  • ►動物に関する相談はこちら
  • →新潟県動物愛護センターのページへ
  • ►動物取扱業(ペットショップ、トリマー、動物の展示など)、特定動物(サル・クマなど)に関すること
  • →動物取扱業について
  • →特定動物について
☆近年野良猫に関する苦情が増えています。安易なエサやりはやめ、飼う場合は不妊手術を行いましょう。なお、保健所では野良猫の駆除は行いません。
☆新潟県では、 飼い主のいない猫の不妊去勢手術費用を補助しています。
☆犬、猫の飼い方について 今どきの、犬の飼い方 今どきの、猫の飼い方