このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の県政総合の中の県議会ってなあに?
本文はここから

県議会ってなあに?

2016年07月06日

県議会ってなあに?

県議会は、選挙で選ばれた県議会議員が集まり、みなさんの願いを話し合ったり、新潟県のみなさんが明るく住みよい暮らしができるにはどうしたらよいか、決めるところです。

県議会は、1年間に4回(2月、6月、9月、12月)開かれる(「定例会」といいます。)ほか、必要がある場合にも開かれます(「臨時会」といいます。)。
議会を開くには、全議員の半数以上の出席が必要です。

どんな仕事をしているの?

条例を決めている議員

○条例をつくる
 県にとって、必要なきまり(条例)を作ります。

条例をつくる

予算を決めている議員

○予算を決める
 県の仕事を進めるためのお金の使い方(予算)を決めます。

予算を決める

知事の提案などを調べて確かめている議員

○審査・調査する
 知事の提案や県の仕事が、県民のためになるか、計画どおりに進んでいるかを詳しく調べて確かめます。

審査・調査する

決算を審査する議員

○決算を審査する
 県のお金がきちんと使われているか審査します。

決算を審査する

どうやって話し合うの?

話合いは、議員全員が出席する本会議と、担当ごとに13人が4つのグループに分かれて、知事の提案などをさらに詳しく話し合う常任委員会で行われます。

本会議
まず、知事が県の仕事や計画、お金の使い方などを提案し、それに対して議員が質問します。


本会議

委員会での審議

委員会
次に、担当ごとに分かれた委員会で、提案について、さらに詳しく調べたり相談したりします。

委員会

本会議
最後に、再び本会議で、委員会の報告を聞き、意見を出し合ってから、提案について賛成か反対かを多数決で決めます。

県議会議員はどうやって選ばれるの?

投票

県議会議員は4年に1度の選挙で選ばれます。
選挙は、県内を27の区域(「選挙区」といいます。)に分けて行われます。
県議会議員の人数(「定数」といいます。)は、条例で53人と決められています。それぞれの選挙区で選ばれる議員の人数は、地域の人口などで決められています。
県議会議員の選挙は、18歳以上の日本国民で、県内に3ヶ月以上住んでいれば投票することができます。
県議会議員は、25歳以上であれば、立候補することができます。

選挙


次のパンフレットでも分かりやすく詳しく説明しています。
画像をクリックするとパンフレットをダウンロードするページへアクセスできます。
みんなの県議会パンフレットのダウンロードのページへリンク