このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の県政総合の中の予算や条例が決まるまで
本文はここから

予算や条例が決まるまで

2017年09月22日
<議会運営委員会>   議案を審議する日程などを決めます。
↓   
 本会議  ○開会
 本会議を開くには、議員の過半数の出席が必要です。
 会議は議長が開きます。
 ↓
 ○議案提出・上程
 議案には知事から提出されるものと、議員が提出するものがあります。
 提出を受けて議長は議案を会議に上程します。
 ○議案説明
 議案について知事など提出者が内容を説明します。
                            ↓
 ○委員会付託
 提出された議案などをさらに詳細に調べるため、委員会に付託します。
↓ 
<連合委員会>  担当部局長が議案について詳しく説明します。
 ↓
本会議  ○一般質問
 議員が県政全般について質問したり意見を述べ、問題点などをただし、知事・部局長などが答えます。
常任委員会 ○付託案件審査(質疑)
 議案などについて、いろいろな角度から審査します。
○県の諸課題調査
 県が抱えている諸課題について委員が一問一答形式で質疑し、部局長などが答えます。
<連合委員会>   付託議案等について委員が一問一答形式で質疑し、知事が答えます。
常任委員会 ○付託案件審査(採決)
  議案などについて、委員会として賛成か反対かの態度を決めます。
<議会運営委員会>  議案の採決の方法や順序等を決めます。
↓ 
本会議 ○委員長報告
 すべての委員会が終わると、再び本会議を開き、委員会で決まった審査結果及び主な要望・意見を報告します。
↓ 
○討論
 希望する議員が、議題などについて賛成または反対の意見を述べます。
○採決
 議案などについての賛成か反対を、出席議員の過半数で決めます。
○閉会
 議案などの採決がすべて終わると、議長が閉会を宣告します。
 採決の結果は、議長から知事に通知され、知事はそれを基に仕事を進めていきます。
一般質問について
(1)質問順序
 ①5人以上の党会派の第1順位者の一般質問(代表質問)を自由民主党、未来にいがたの順で行います。
 ②その他の一般質問については、自由民主党、未来にいがたの順で行います。
  以上の党会派の質問終了後、公明党、日本共産党の順で行った後、無所属議員が行います。

(2)質問時間
 代表質問1人35分、その他の一般質問1人30分としています。
 なお、質問時間には、答弁の時間を含みません。

(3)再質問
 2回までとし、1回おおむね5分をめどにしています。

(4)質問者数
 年間の党会派別質問者数は、自由民主党29人、未来にいがた13人、公明党4人、日本共産党2人、無所属延べ6人(各1回)です。

(5)質問通告
 2月定例会においては、休日を除き質問日の2日前午後5時までに行うこととしています。
 その他の定例会においては、休日を除き招集日前日の午後5時までに行うこととしています。