ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

【魚沼】灯油の取扱いには注意しましょう

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0323944 更新日:2020年11月2日更新

灯油の流出事故を防止しましょう

水環境を守るため、水質汚濁事故の防止にご協力ください。

暖房のため灯油を使用する機会が多くなります。灯油の取扱いには十分ご注意いただくとともに、タンクや配管などの定期点検をお願いします。

灯油ホームタンクを設置されている皆さん

【油断大敵1】ホームタンクから灯油を小分けする際に灯油を流出させる事故が多発しています。灯油を小分けする際は、その場を離れないでください。また、バルブの閉め忘れにも注意してください。

【油断大敵2】ホームタンクのバルブや配管が破損していると、そこから灯油が流出してしまいます。タンクや配管に痛みがないか、油量が急激に減っていないか、こまめに確認しましょう。

【油断大敵3】ホームタンクには灯油の流出を防ぐ「防油堤」を設置しましょう。防油堤の設置については灯油配達業者等にごご相談ください。

【油断大敵4】ホームタンクや灯油の配管は、積雪の重みや、雪かきの際の衝撃により破損することがありますので、十分注意してください。
 防油堤設置例
  防油堤設置例

灯油流出事故を起こしてしまったとき、または発見したときは?   

流出事故を起こしたり、見つけたりした場合には、速やかに下記の番号にご連絡ください!

消防署 119
魚沼市市民生活部生活環境課環境対策係   792-9766
魚沼地域振興局地域整備部庶務課行政係   792-8314
南魚沼域振興局健康福祉環境部環境センター 025-772-8154

〇速やかな連絡により、被害の拡大を最小限に食い止められます!

※水質汚濁原因者には、河川法第67条により被害補償やオイルフェンス等の対策に要した費用を求められることもあります。

 

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ