ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 県政情報 > 調査・監査 > にいがた県統計ボックス(統計課) > 新潟県の老年人口(65歳以上人口)

本文

新潟県の老年人口(65歳以上人口)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0427210 更新日:2021年9月17日更新

タイトル図

新潟県の老年人口は 72万4千人 ※1

 令和3年9月15日で推計される老年人口は72万4千人で、前年に比べて2千人、0.3%増加しました。内訳は
男性31万3千人、女性41万人で、女性が9万7千人多くなっています。(表1)
 また、性比(女性100人に対する男性の数)は76.3で、前年と比べて0.2ポイント上昇しました。

進む県人口の高齢化

 令和3年9月15日で推計される県人口に占める老年人口の割合は33.3%で、前年に比べて0.5%ポイント上昇しました。
 なお、令和2年10月1日現在の本県の老年人口割合は33.0%で全国の割合の28.8%より4.2%ポイント高く、
6年程度早く高齢化が進んでいます。 ※2(表2、図)                                                                         
 令和3年7月1日現在で老年人口の割合を市町村別にみると、阿賀町が50.4%で最も高く、関川村44.4%、
出雲崎町44.2%の順となっています。一方、最も低いのは聖籠町の26.7%で、新潟市30.1%、燕市31.8%の順
となっています。※2、3(表3)


※1   令和2年国勢調査の年齢別人口が未公表のため、本年の老年人口、生産年齢人口、年齢別人口、県
   人口及び割合は、平成27年国勢調査人口を基に、住民基本台帳法に基づく届出を加減して算出してい
   ます。また、外国人を含んでいます。
       なお、令和3年9月15日現在の県人口及び老年人口は、令和3年7月1日現在で公表した年齢別人
   口から一定の推計方法で算出した値です。
※2  各年10月1日現在及び令和3年7月1日現在の数値(表2、3)の老年人口割合は、分母から年齢不明
   人口を除いて算出しています。
※3  市町村別年齢別人口は四半期ごとに公表しており、直近の公表が令和3年7月1日現在となります。

統計表

         表1 各年9月15日で推計した老年人口の推移

表2 国勢調査等による老年人口の推移表3市町村別年齢別人口割合

報道資料を印刷される場合はこちらをご利用ください。

新潟県の老年人口(65歳以上人口) [PDFファイル/652KB]

新潟県オープンデータ

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ

注目情報

2022年度版県民手帳好評発売中

2021社会生活基本調査

経済センサス活動調査バナー

 

 

 

2020国勢調査

全国家計構造調査

2020年農林業センサス

 

 

 

 

統計相談窓口

お気軽にお問い合わせください。

 

ご利用にあたって

 掲載している統計データを引用・転載する場合には、出所を明示してください。(例) 資料:新潟県統計課「○○調査」
 掲載している統計データ等は、Excel形式、またはPDF形式で作成しています。

 

トピックス

統計調査をよそおう「かたり調査」にご注意を

登録調査員募集のバナーです

賃金の動きがわかる毎月勤労統計調査へのリンク

暮らしに役立つ統計調査(統計局)へのリンク<外部リンク>

データグラフフェアのバナーです

小学生のための統計情報ページへのリンク

統計グラフコンクールへのリンク

住宅・土地統計調査へのリンク