ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 県政情報 > 調査・監査 > にいがた県統計ボックス(統計課) > 新潟県のこどもの数(15歳未満人口)

本文

新潟県のこどもの数(15歳未満人口)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0278032 更新日:2020年4月30日更新

新潟県のこどもの数

新潟県のこどもの数は251,087人(県人口の11.4%)

 令和2年4月1日現在の当県のこどもの数は251,087人で、前年に比べて5,697人減少しました。
県人口に占めるこどもの数の割合は11.4%で、前年に比べて0.2%ポイント低下しました。
 男女別では、男性が128,802人、女性が122,285人で男性が6,517人多く、性比(女性100人に対する男性の比率)は105.3で、前年に比べて0.1ポイント低下しました。
 こどもの数を中学生の年代(12~14歳)、小学生の年代(6~11歳)、未就学の乳幼児(0~5歳)の三つの区分でみると、中学生の年代は55,672人で前年に比べて783人減少、小学生の年代は105,411人で前年に比べて1,770人減少、未就学の乳幼児は90,004人で前年に比べて3,144人減少しました。

こどもの数の割合計算式

参考:全国の総人口に占めるこどもの数の割合は12.1%(令和元年10月1日現在)

出典「人口推計(2019年10月1日現在)」(総務省統計局)

低い年齢ほど少ないこどもの数

 当県のこどもの数を年齢各歳別にみると、13歳のこどもの数が18,801人と最も多く、年齢が下がるにしたがって徐々に少なくなる傾向にあります。

県内のこどもの数、割合とも過去最低

 当県のこどもの数の発表を始めた昭和56年4月1日現在のこどもの数は548,059人で、県人口に占める割合は22.5%でした。
それ以降、こどもの数、割合とも39年連続で低下し、過去最低となっています。
 令和元年(前年10月から当年9月まで)の出生児数は13,973人で、前年と比較して692人減少しています。
 なお、生産年齢人口100人で何人のこどもを扶養しているかを示す「年少人口指数」をみると、20.5※(令和2年4月1日現在)となっており、1人のこどもを約4.9人で扶養していることになります。

 ※令和2年4月1日現在の年少人口指数

年少人口指数の計算式

参考:全国の年少人口指数は20.3(令和元年10月1日現在)

出典「人口推計(2019年10月1日現在)」(総務省統計局)

(注) 平成27年国勢調査人口を基に、住民基本台帳法に基づく届出を加減することにより算出した人口であり、外国人を含んでいます。
 県人口に占めるこどもの割合は、分母から年齢不明を除いて算出しています。

統計表(画像)

報道資料を印刷される場合はこちらをご利用ください。

新潟県のこどもの数(15歳未満人口) [PDFファイル/260KB]

 

 

新潟県オープンデータ

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ

注目情報

 

国勢調査2020

県民手帳好評発売中

全国家計構造調査

2020年農林業センサス

 

 

 

 

統計相談窓口

お気軽にお問い合わせください。

 

ご利用にあたって

 掲載している統計データを引用・転載する場合には、出所を明示してください。(例) 資料:新潟県統計課「○○調査」
 掲載している統計データ等は、Excel形式、またはPDF形式で作成しています。

 

トピックス

統計調査をよそおう「かたり調査」にご注意を

登録調査員募集のバナーです

賃金の動きがわかる毎月勤労統計調査へのリンク

暮らしに役立つ統計調査(統計局)へのリンク<外部リンク>

データグラフフェアのバナーです

小学生のための統計情報ページへのリンク

統計グラフコンクールへのリンク

住宅・土地統計調査へのリンク

平成28年社会生活基本調査の結果へのリンク