ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 健康・医療 > 新型コロナウイルス感染症 > 新型コロナウイルス感染症を疑う患者受入れのための救急・周産期・小児医療体制確保事業補助金

本文

新型コロナウイルス感染症を疑う患者受入れのための救急・周産期・小児医療体制確保事業補助金

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0305774 更新日:2020年8月5日更新

救急・周産期・小児医療機関における新型コロナウイルス感染症疑い患者の受入れのための院内感染防止対策等を支援します。

国の新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業に基づき、救急・周産期・小児医療機関において、新型コロナ疑い患者が受診した場合に、外来診療や必要に応じて入院診療を行うことができるよう、新型コロナ疑い患者の受入れのための院内感染防止対策等を支援します。

1 支援事業の名称

新型コロナウイルス感染症を疑う患者受入れのための救急・周産期・小児医療体制確保事業補助金

2 支援対象となる医療機関

疑い患者を診療する医療機関として県に登録された救急医療・周産期医療・小児医療のいずれかを担う医療機関(※)
※救命救急センター、二次救急医療機関、総合周産期母子医療センター、地域周産期母子医療センター、小児中核病院、小児地域医療センター、小児地域支援病院

3 支援事業の内容(詳細は添付資料のとおり)

(1)設備整備等事業
院内感染を防止するために必要な設備整備等を支援
(2)支援金事業
新型コロナウイルス感染症の感染拡大と収束が反復する中で、救急・周産期・小児医療の提供を継続するため、院内感染防止対策を講じながら一定の診療体制を確保するための支援金を支給

4 スケジュール

(1)疑い患者を診療する医療機関の登録
令和2年8月7日~令和2年8月下旬
※県から対象となる医療機関に登録を依頼し、同意のあった医療機関を登録します。
 登録医療機関のリストは県医療調整本部及び消防機関と情報共有します。
(2)補助金の交付申請
令和2年8月31日より受付を開始します。
※県から登録医療機関に申請書等を送付します。

5 添付資料

6 お問い合わせ先

医務薬事課 地域医療班(直通)025-280-5183

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ