ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・安全・環境 > 防災 > 新型コロナウイルス感染症 > 新型コロナウイルスのまん延防止に向けた協力のお願い

本文

新型コロナウイルスのまん延防止に向けた協力のお願い

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:2839115 更新日:2020年5月29日更新

令和2年5月27日 改定

新型コロナウイルスのまん延防止に向けた協力のお願い

1 まん延防止のための協力の依頼等について 【改定】

  ○  政府のコロナウイルス感染症対策の基本的対処方針の改定を踏まえ 、「新しい生活様式」 の定着等を前提に、一定の移行期間を設け、 外出の自粛や催物の開催制限等を段階的に緩和します。                 
                  
  ○  県民、事業者・団体等の皆様におかれては、手洗いや人と人との距離の確保等の基本的な感染防止対策の継続など、感染拡大を予防する「新しい生活様式」の実践・定着の取組をお願いいたします。                 
                  
  ※ 「新しい生活様式」については、別添の「新しい生活様式の実践例」等も参考にしてください。

2 外出の自粛、催物の開催制限等の段階的な緩和の流れ等について  【新規】

  ○ 移行期間の設定                 
     令和2年5月27日から令和2年7月31日まで                
                  
  ○ 段階的な緩和の実施                 
      上記移行期間中、下図のとおり、4ステップに分け、 外出の自粛や催物の開催(イベント等)の開催制限等を、段階的に緩和していきます。(注1、注2)                
                  
  【図】
段階的な緩和の実施
                  
  (注1)ただし、感染拡大の兆候やクラスターの発生が見られた場合は、対応を再検討することがあります。                
                  
  (注2)各ステップで段階的に緩和していく内容や前提の具体等については、次ページ以降を参照願います。                

(1) 県民の皆様に対する外出自粛の段階的な緩和等について   【改定】

県民の皆様に対する外出自粛の段階的な緩和等について   【改定】

○ 再度、感染の拡大等が認められた場合には、厳しい行動変容の要請などを行う場合があります。                 

○ 県外から来られた方に、2週間程度の外出自粛をお願いしてきましたが、今後は、これに代え、体温測定等の健康観察の徹底をお願いいたします。                 

 (2) 施設の使用制限の解除等の前提について 【改定】

○ 施設の使用制限は、事業者等の感染防止策の徹底等を前提として、令和2年5月15日に解除しています。                
                  
○ 前提となる「事業者の感染防止策の徹底等」は、以下のとおりです。                
                  
   ・ 業種ごとに策定されている感染拡大予防ガイドライン<外部リンク>等を踏まえ、換気や消毒、入場制限をはじめとする人と人との距離を確保する措置等の感染拡大防止策を最大限講じること。                
                  
   ・ 接待を伴う飲食業やライブハウス等、現段階で、一定の安全性を確保することが難しいと考えられる業種については、別紙「施設に応じた感染拡大を予防するための工夫(例)」等を参考に、対策を徹底するとともに、今後、国が6月18日までに示す予定としているガイドライン<外部リンク>等を踏まえ、感染拡大予防策を最大限講じること。                
                  
○  なお、再度、感染拡大の兆候やクラスターの発生等が認められた場合は、施設の使用制限等の要請などを行う場合があります。       

(3) 観光振興の取組の段階的な緩和について 【新規】

観光振興の取組の段階的な緩和について 【新規】

(4) 催物・イベントの開催等の段階的な緩和について 【改定】  

催物・イベントの開催等の段階的な緩和について 【改定】

 (注)各イベント共通:上記表のほか、次ページ「催物(イベント等)の開催の段階的な緩和に係る留意事項」に注意すること。                 

 

<催物(イベント等)の開催の段階的な緩和に係る留意事項>

1 催物開催に係る段階的緩和の考え方

   「新しい生活様式」や 業種ごとに策定されるガイドライン<外部リンク>に基づく適切な感染防止策が講じられることを前提に、地域の感染状況や感染拡大リスク等を踏まえ、段階的に規模要件(人数上限)を緩和するものです。                 

2 催物(イベント等)共通の留意事項

 ○ 適切な感染防止策(入退場時の制限や誘導、待合場、所等における密集の回避、手指の消毒、マスクの着用、室内の換気 、出演者の発声等を伴う催物にあっては客席との十分な距離の確保 、声援に係る感染防止策 等)を実施してください。                 
                  
  ○ イベントの前後や休憩時間などの交流の場で感染拡大のリスクを高める可能性があることを踏まえ、イベントの主催者等は、こうした交流等を極力控えることを呼びかけるよう周知してください。                 
                  
  ○ イベント主催者が、イベントの選手・出演者、観客等の移動中や移動先における感染防止のための適切な行動管理(例えば、夜の街への外出等の感染リスクのある行動の回避)を行ってください。                 
                  
  ○ 前頁の上限人数に満たないイベントであっても、形態や場所によってリスクが異なることに十分留意してください。(例: 密閉空間での大声の発声、歌唱や声援、又は近接した距離での会話等)                 
                  
  ○ イベントの主催者等は、参加者の名簿を作成して連絡先等を把握しておいてください。                 

 


新型コロナウイルスのまん延防止に向けた協力のお願い [PDFファイル/944KB]

別添_「新しい生活様式の実践例 [PDFファイル/1.75MB]

施設に応じた感染拡大を予防するための工夫(例) [PDFファイル/69KB]


参考リンク

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ