ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 新発田地域振興局地域整備部 > 【新発田】一般県道水原亀田線堀越拡幅の大型函渠その2工事が優良工事の表彰を受けました

本文

【新発田】一般県道水原亀田線堀越拡幅の大型函渠その2工事が優良工事の表彰を受けました

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0442126 更新日:2021年11月10日更新

優良工事・優秀技術者等の表彰について

 新潟県では、施工成績が優良な工事を実施した建設業者、優れた施工管理を行った技術者に対して、表彰等を行っています。県工事における良質な施工の確保や、県内の建設業に従事する技術者の資質向上を図ることを目的としています。

一般県道水原亀田線堀越拡幅事業とは

  一般県道水原亀田線は、阿賀野市西部を横断し国道49号と国道460号を連絡する道路で、旧水原町と旧亀田町を結ぶ地域の重要な幹線道路です。

 本事業の施工地である阿賀野市堀越地区は、現在工事中の国道49号阿賀野バイパスと交差しており、供用後にはバイパスからの交通流入が予想されます。現場は幅員が狭く急なカーブ形状であり、大型車の走行に支障をきたしていることから、安全な道路を整備するものです。

 また、工事施工箇所は、県道に並行して小里川排水路が流れており、県営湛水防除事業で水路を大きくしています。

 本工事は、県道と排水路が交差する部分を大型函渠(※)化する工事です。

 関連する事業者と連携し、安全に工事を進めています。

平面図

 ※函渠:コンクリート製の水路。天井、壁、床で構成されており、ボックスカルバートとも呼ばれる。

優良工事(知事表彰)

工事名:一般県道水原亀田線(総合地域交流)堀越拡幅大型函渠(その2)工事

受賞者:株式会社帆苅組

 優良工事として表彰された工事は、現場条件の厳しい中で、高度な施工技術で施工され、安全対策・環境対策の十分な配慮のもとに施工者の創意工夫により施工管理、工程管理、品質管理に優れ、出来ばえも良く、特に優秀と評価され模範となる工事です。

 本工事で施工する大型函渠の壁部分などは厚さが80cmあり、コンクリートに有害なひび割れが発生しやすい条件だったため、打設前に細かな解析を行った対策を施し、有害なひび割れを防ぎました。

 また、打設時チェックリストによるチェック体制を確立し、使用する機械や材料などに創意工夫を行ったことで、高品質な構造物を完成させました。

完成写真(上流側から下流側を望む)完成写真(下流側スパン、中央スパン)

優秀技術者(知事表彰)

工事名:一般県道水原亀田線(総合地域交流)堀越拡幅大型函渠(その2)工事

受賞者:松原 隆一

 優秀技術者として表彰された技術者は、優良な工事の施工のため、優れた監理能力、熱意、高い技術力を発揮して優れた施工管理を行い、特に優秀と評価され模範となった技術者です。

 松原さんは、コンクリートの品質の確保について特に熱意を持って取り組み、常に課題意識を持って工事を進めました。また、下請け業者への指導・監督を的確に行い、コミュニケーションを大切にしながら現場全体で『良いものを造ろう』という雰囲気作りに尽力しました。

 大規模なコンクリート構造物ということもあり、品質管理に特に気を遣ったという松原さん。現場では常に『もっとよくできないか』を考え、仕事に対して真摯に取り組んでいる姿が印象的でした。

受賞報告の様子

受賞の報告をする松原さん(正面右から2番目)

優良工事貢献企業

工事名:一般県道水原亀田線(総合地域交流)堀越拡幅大型函渠(その2)工事

受賞者:株式会社江口鉄筋工業

 優良工事貢献企業証として表彰された企業は、工事の施工において卓越した技術力をもって優良な工事に貢献した企業です。

 この現場では各作業員が細かい作業や工程管理に常に気を配り、終業時には作業内容の確認や清掃を入念に行うなど、複雑な形状のコンクリートにもかかわらず出来形・品質・仕上がりの見た目すべてにおいて満足のできる作業を行い、優良工事に貢献しました。

優良工事貢献企業表彰の様子

高橋地域整備部長から表彰を受ける江口さん(左)

記念撮影

記念写真

左から長尾副部長、江口さん、松原さん、高橋部長

受賞されたみなさま、おめでとうございます!

新発田地域整備部としても、今後もよりよい工事を目指し、地域のみなさまに貢献して参ります。

御理解と御協力をよろしくお願いします。
<外部リンク> 県公式SNS一覧へ