ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
パンくず トップページ > 新潟県選挙管理委員会 > 平成23年度啓発だより

本文

平成23年度啓発だより

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0057917 更新日:2012年1月10日更新

新潟県明るい選挙推進協議会が取り組んでいる、啓発事業について御紹介します。

明るい選挙推進モニター会議

 明るい選挙推進モニター会議は、市区町村明るい選挙推進協議会の委員や各種団体に所属する方などから市区町村の明るい選挙推進運動の実施状況や県の明るい選挙推進事業に関する意見を聞き、それを今後の運動に反映させるという趣旨で行われているもので、今年度は平成23年7月28日に新潟県自治会館で開催されました。
 当日は、学生団体ivote(アイ・ヴォート)の原田謙介前代表から「若者と選挙~ivoteの活動を通して~」について講演が行われたほか、「若者への選挙啓発について」というテーマで3班に分かれてグループミーティングが行われました。

講演の画像
講演

グループミーティングの画像
グループミーティング

グループミーティングの討議結果[PDFファイル/108KB]

若者リーダーフォーラム(主催:財団法人明るい選挙推進協会)

 この研修は、明るい選挙推進運動の中核となるべき若者リーダーの養成を図ることを目的として行われているものです。
 今年度は平成23年11月19日~11月20日に茨城県水戸市において開催され、本県からは大学生4名が参加しました。
 参加者がグループに分かれて行ったワークショップでは、異なる人物の立場になって、「なぜ選挙に行かなきゃいけないの?」という問いに対しそれぞれのグループで話合いや発表を行い、選挙の大切さについて理解を深めました。

講演の画像
講演

ワークショップの画像
ワークショップ

市区町村選挙管理委員会啓発指導者研修会

 選挙啓発指導者としての資質向上を目的に、市区町村選挙管理委員会の委員、書記及び明推協関係者などを対象とした研修会が平成23年12月9日に新潟県自治会館で開催されました。
 研修会では、福井県明るい選挙推進青年活動隊CEPTの代表橋本美咲氏と畑下知子氏より「「CEPT活動報告」~若者投票率の向上を目指して~」と題して事例発表が行われたほか、総務省常時啓発事業のあり方等研究会のメンバーである東京大学の小玉重夫氏より「シティズンシップ教育について」について講演が行われました。

事例発表(1)の画像
事例発表(1)

事例発表(2)の画像
事例発表(2)

講演(1)の画像
講演(1)

講演(2)の画像
講演(2)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ