ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 佐渡地域振興局 農林水産振興部(農村振興担当) > 【佐渡】「子ども探検隊2018」を開催しました!

本文

【佐渡】「子ども探検隊2018」を開催しました!

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:1112010000 更新日:2019年3月29日更新

子ども探検隊2018 ~田んぼの水はどこからくるの?~

子ども探検隊2018の集合写真
子ども探検隊2018みんなで集合写真

佐渡市の将来を担う子どもたちに、基幹産業の農業を支える農業水利施設の役割を学んでもらうイベント「子ども探検隊2018 ~田んぼの水はどこからくるの?~」を開催しました。

開催日:平成30年8月4日(土曜日)
探検場所:外山ダム、帰る川ため池、中央管理所
参加人数:22名

外山ダムの写真
外山ダムに到着

1つ目の探検場所、外山ダムに到着しました。
外山ダムは小佐渡地域963haをかんがいするための農業用ダムです。
平成24年に完成しました。

サドッキーがお出迎えしている写真
サドッキーがお出迎え

ダムでは、佐渡市の大人気ゆるキャラ「サドッキー」がみんなをお出迎え。
子どもたちは大喜びでした。

(サドッキー)みんな、今日は一緒に探検がんばろうね!
 普段は入れないダムの中を案内するよ!

ダムの内部を探検している写真
ダムの内部を探検中

ダムの取水棟と放水路を間近で見ている写真
進んだ先にダムの取水棟と放水路。間近でみると大迫力!

再びサドッキーがお出迎えしている写真
再びサドッキーがお出迎え

たくさん歩いて上に戻ると、再びサドッキーが登場!

(サドッキー)ダム見学は楽しかった?
 ダムの中は涼しかったでしょ。
 貴重な体験ができたね。

帰る川ため池の写真
帰る川ため池に到着

2つ目の探検場所、帰る川ため池に到着しました。
佐渡は雨が少ないので、ため池に大切な水を溜めています。
佐渡市のため池の数は新潟県内で1番多いです。

帰る川ため池は現在堤体の補強工事中で、建設会社の皆様に協力していただき、実際の工事の様子を見学しました。
そのあと、子どもたちを対象にバックホウの試乗体験をしました。

土砂の投入の様子に興味津々な子供たちの写真
土砂の投入の様子に子どもたちは興味津々

土砂の投入、運搬、盛土、転圧等の一連の流れを見学している写真
土砂の投入、運搬、盛土、転圧等の一連の流れを見学しました

建設機械に試乗している写真
子どもたちは普段体験できない建設機械の試乗に興奮していました

バックホウを操縦している子どもの写真
将来バックホウを操縦する子が出るかも

中央管理所の写真
中央管理所に到着

3つ目の探検場所、中央管理所に到着しました。
この施設は、探検した外山ダム等の用水施設を集中管理(監視・制御)するところです。
普段この施設は無人で管理をしており、もしもダム等の施設に故障が起きたときには職員に警報が届くようになっています。

管理室の大きなモニターで外山ダムと小倉ダムを監視している写真
管理室の大きなモニターでは外山ダムと小倉ダムを監視していました

コンピュータでダムカメラの遠隔操作を体験している写真
コンピュータでダムカメラの遠隔操作を体験しました

農地庁舎での集合写真
ご参加いただき、ありがとうございました

探検が終わり、佐渡地域振興局農地庁舎に到着です。

最後にみんなで記念撮影。

(サドッキー)みんな、今日は暑い中、参加してくれてありがとう。
 また会おうね。

このページはリンク自由です

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ