ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・安全・環境 > 防災 > 土砂災害による犠牲者をなくすために「地域で避難の声掛けを!」 > 秋季は台風に伴った大雨による土砂災害に警戒しましょう!

本文

秋季は台風に伴った大雨による土砂災害に警戒しましょう!

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0310693 更新日:2021年9月1日更新

台風などによる土砂災害に日頃から準備をしましょう!

令和2年の9月から11月に発生した台風は11個あり、そのうち2個が日本列島に接近しました。

日頃から住んでいる自宅や地域の危険度、避難場所や安全な場所を把握することが大事です。

土砂災害警戒区域や市町村で発行している土砂災害ハザードマップを確認しましょう。

土砂災害警戒区域を確認する<外部リンク>

土砂災害ハザードマップを確認する

 ハザードマップ

台風が近づいてきたら

  気象庁ホームページ<外部リンク>などで今後の雨の見込みや新潟県土砂災害警戒情報システム<外部リンク>で自宅や地域の危険度を確認しましょう。
  また、市町村から発表される避難情報(高齢者等避難、避難指示)※に注意し、発表された場合は指示に従い最寄りの避難場所へ逃げてください。
※避難情報は、令和3年5月20日に災害対策基本法の一部を改正する法律が施行されたため、従前では警戒レベル4で避難勧告、避難指示(緊急)であったものが避難指示へ一本化されました。

気象庁HP         新潟県土砂災害警戒情報システム
      

警戒レベル

 土砂災害については、下記のような前ぶれ現象がありますので前ぶれ現象に注意し、裏山や近隣の斜面で異変を感じたら、お住いの市町村や最寄りの地域振興局へご連絡ください。

 前ぶれ現象

 早めの避難が大切ですが、もしも降雨が激しく、外に出ることが危険と感じる場合は、斜面や川から離れた、できれば2階以上の部屋へ避難しましょう。

垂直避難

令和元年度の台風被害について

令和2年度は台風による人的被害等はありませんでしたが、令和元年度は2個の台風が日本列島に上陸しました。

特に10月に上陸した台風19号は、日本中で甚大な被害をもたらしました。

令和元年台風19号による土砂災害発生状況<外部リンク><国土交通省HP>

令和3年8月11日からの大雨について

令和3年8月11日から全国各地の広範囲で記録的な大雨となりました。

この大雨による土砂災害で、多くの人的被害・家屋被害が発生しています。

令和3年8月11日からの大雨による土砂災害発生状況<外部リンク><国土交通省HP>

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ

土砂災害警戒情報システムの使い方<外部リンク>

マイタイムライン支援