ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

平成28年度海水浴場(開設中)の水質調査結果

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0346663 更新日:2019年3月29日更新

平成28年度の海水浴場(開設中)の水質調査結果がまとまりました。

 毎年、県内の主な海水浴場の水質を把握するため、海水浴場の開設前と開設中に市町村が水質調査を行い、県が結果を取りまとめています。
 今年度の海水浴場開設中に調査した結果は、すべての海水浴場が海水浴に適する良好な水質でした。

調査項目

 ふん便性大腸菌群数、油膜の有無、化学的酸素要求量(COD)、透明度
 (参考項目:水素イオン濃度(pH)、病原性大腸菌O-157)

調査結果

[平成28年度の海水浴場開設中調査結果の概要]

  • 7月中旬から8月上旬に、10市町が42か所の海水浴場を対象に水質調査を行いました。
  • 水質判定基準に基づき判定したところ、42海水浴場のうち、「適」は26か所で、「可」は16か所、「不適」はありませんでした。
  • 病原性大腸菌0-157が検出された海水浴場はありませんでした。

過去5年間の水質判定結果

調査年度 平成24年 平成25年 平成26年 平成27年 平成28年
判定
区分
水質AA 12箇所 5箇所 9箇所 8箇所 13箇所
水質A 11箇所 12箇所 13箇所 15箇所 13箇所
水質B 20箇所 26箇所 20箇所 19箇所 16箇所
水質C 0 0 0 0 0
不適 0 0 0 0 0
調査箇所数 43箇所 43箇所 42箇所 42箇所 42箇所

過去3か年の海水浴場ごとの水質判定結果は、以下のとおりです。

過去5年間の水質判定結果の画像

別図(調査を実施した海水浴場の位置)[PDFファイル/236KB]

水質判定の基準

 環境省が定めた基準に基づいて、5段階で水質を評価しています。
 水質AA及び水質Aは「適」、水質B及び水質Cは「可」、それ以外は「不適」に区分します。
 水質の判定については、下記の表に基づいて以下のとおりとします。

  1. ふん便性大腸菌群数、油膜の有無、CODまたは透明度のいずれかの項目が「不適」であるものを、「不適」な水浴場とする。
  2. 「不適」でない水浴場について、ふん便性大腸菌群数、油膜の有無、CODおよび透明度によって、「水質AA」、「水質A」、「水質B」あるいは「水質C]を判定し、「水質AA」及び「水質A」であるものを「適」、「水質B]及び「水質C]であるものを「可」とする。
    • 各項目の全てが「水質AA」である水浴場を「水質AA」とする。
    • 各項目の全てが「水質A」以上である水浴場を「水質A」とする。
    • 各項目の全てが「水質B」以上である水浴場を「水質B」とする。
    • これら以外のものを「水質C」とする。
  ふん便性大腸菌群数 油膜の有無 COD 透明度
水質AA

不検出(検出下限2個/100mL)

油膜が認められない 2mg/L以下 全透(1m以上)
水質A 100個/100mL以下 油膜が認められない 2mg/L以下 全透(1m以上)
水質B 400個/100mL以下 常時は油膜が認められない 5mg/L以下 1m未満~50cm以上
水質C 1,000個/100mL以下 常時は油膜が認められない 8mg/L以下 1m未満~50cm以上
不適 1,000個/100mLを超えるもの 常時油膜が認められる 8mg/L超 50cm未満*

(注)判定は、同一水浴場に関して得た測定値の平均による。
 「不検出」とは、平均値が検出下限未満のことをいう。
 透明度(*の部分)に関しては、砂の巻き上げによる原因は評価の対象外とすることができる。

環境にいがたトップへ

環境にいがたトップへ

新潟県オープンデータ

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ