ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 新潟県オープンデータ > 地下水質測定結果(平成30年度)

本文

地下水質測定結果(平成30年度)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0243515 更新日:2019年12月19日更新

平成30年度測定結果

概況調査

 26流域42地区42地点を対象とし、21市町村42地点において調査を実施した結果、砒素が8地点、ほう素が1地点で環境基準値を超過しました。
 汚染原因については、周辺に使用事業場がないことから、いずれも地質由来と考えられます。

新規汚染井戸周辺地区調査

 7市町村31地区63地点で調査を実施した結果、砒素が2地区7地点、ほう素が1地区2地点、クロロエチレンが1地区1地点で環境基準値を超過しました。
 砒素とほう素の汚染原因については、周辺に使用実態がないことから、自然由来と考えられます。クロロエチレンについては、事業場においてテトラクロロエチレン等を含む溶剤等が法規制以前の不適正な取扱いにより地下に浸透し、地中で微生物により分解され生成したものと考えられます。

継続監視調査

 21市町村88地点で調査を実施した結果、15市町村32地点で環境基準値を超過しました。
 胎内市で環境基準値を超過した砒素の汚染原因は、顔料製造業(廃業)の影響が、長岡市、阿賀野市、佐渡市の砒素は、周辺に使用事業場がないことから地質由来と考えられます。柏崎市のふっ素は、金属製品製造業の影響と推定される。
 トリクロロエチレンやテトラクロロエチレンは、金属製品製造業、繊維業、洗濯業等の業種における法規制以前の溶剤等の不適切な取扱いによるもので、クロロエチレン及び1,2-ジクロロエチレンは、トリクロロエチレンやテトラクロロエチレンが地中で微生物により分解され生成したものと考えられます。津南町のベンゼンの汚染原因は不明です。
 新潟市の硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素は、施肥、生活排水、家畜排せつ物等の影響が考えられます。
 新潟市のふっ素及びほう素は、周辺に使用事業場がないことから地質由来と考えられます。
 なお、超過項目等の一覧は、下表のとおりです。

超過した項目 超過地点数/調査地点数 超過した市町村
砒素 5/7 長岡市、阿賀野市、佐渡市、胎内市
クロロエチレン 16/70 新発田市、見附市、燕市、上越市、阿賀野市、弥彦村
1,2-ジクロロエチレン 8/70 十日町市、燕市、上越市、弥彦村
トリクロロエチレン 4/70 十日町市、妙高市、燕市
テトラクロロエチレン 5/70 十日町市、五泉市、胎内市
ベンゼン 1/5 津南町
硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素 1/7 新潟市
ふっ素 2/4 新潟市、柏崎市
ほう素 1/2 新潟市
32/88 15市町村/21市町村
(超過した市町村数/調査した市町村数)

注) 同一地点で複数項目の調査を行っているため、合計欄の地点数は項目ごとの地点数の合計と一致しません。

継続監視地点変更時調査

 30年度は該当する地区がなく実施しませんでした。

継続監視終了時調査

 3市町村7地区14地点で調査を実施した結果、環境基準値を超過する地点はありませんでした。

地点数等一覧
調査区分 測定地点数 超過地点数 超過率(%)
概況調査 42地点 8地点 19%
新規汚染井戸周辺地区調査 63地点 8地点 13%
継続監視調査 88地点 32地点 36%
継続監視終了時調査 14地点 0地点 0%

土壌・地下水汚染対策トップへ

かんきょうにいがたのトップへ

新潟県オープンデータ

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ