ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > しごと・産業 > 農林水産業 > 新潟県農業大学校ホームページ > 【農大】令和5年度入校生を募集します!

本文

【農大】令和5年度入校生を募集します!

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0501971 更新日:2022年6月23日更新
  新潟県農業大学校では、農業に対する強い興味と技術習得への意欲があり、卒業後、新潟県内において就農(農業法人への就業等を含む)又は農業及び農村地域の指導に携わる意志のある学生を募集します。
 修業年限は2年です。

1 募集定員 80人

2 学科

(1) 稲作経営科(稲作専攻)40人程度
(2) 園芸経営科(野菜専攻、果樹専攻、花き専攻)30人程度
(3) 畜産経営科(酪農専攻、肉畜専攻)10人程度 

3 出願資格

【推薦入校】
   本校の推薦入校は学校長推薦と地域推薦とし、出願できる者はそれぞれ次のとおりとします。

(1)学校長推薦の場合
   次のいずれにも該当する者とします。

  ア 学校教育法に基づく高等学校若しくは中等教育学校を令和5年3月卒業見込みの者

  イ 自立性と協調性に富み、心身ともに健全な者

ウ 本校卒業後、新潟県内において就農(農業経営者のほか農業法人への就業等によるものを含む。)又は農業・農村地域の指導に携わる強い意志がある者

    エ 高等学校長又は中等教育学校長が作成する調査書の「全体の学習成績の状況」が3.0以上の者

    オ 合格した場合は、入校することを確約できる者

(2)地域推薦の場合

 入校志願者の出身地を所管する農業普及指導センター所長若しくは出身地の市町村長が、次の各号のいずれにも該当すると認めた者とします。

ア 学校教育法に基づく高等学校若しくは中等教育学校を卒業した者(卒業見込みの者は除く)又は校長がこれと 同等以上の学力を有すると認めた者で、次のいずれかを満たす者     

(ア) 認定新規就農者       

(イ) 認定農業者の後継者

イ 自立性と協調性に富み、心身ともに健全な者

ウ 本校卒業後、認定新規就農者にあっては新潟県内の地域において引き続き就農を継続する強い意志がある者、認定農業者の後継者にあっては新潟県内の当該経営を継承する強い意志がある者

エ 合格した場合は、入校することを確約できる者

【一般入校】
   次のいずれにも該当する者とします。

(1)学校教育法に基づく高等学校若しくは中等教育学校を卒業した者(令和5年3月卒業見込みの者を含む。)

(2)自立性と協調性に富み、心身ともに健全な者

(3)本校卒業後、新潟県内において就農(農業経営者のほか農業法人への就業等によるものを含む。)又は農業・農村地域の指導に携わる意志がある者

4 入試日程

試験区分 出願期間 試験期日 合格発表
推薦入校

令和4年10月3日(月曜日)

 ~10月7日(金曜日)

令和4年11月4日

(金曜日)

令和4年11月15日

(火曜日)

一般入校前期

令和4年11月14日(月曜日)

~11月18日(金曜日)

令和4年12月9日

(金曜日)

令和4年12月20日

(火曜日)

一般入校中期

令和5年 1月10日(火曜日)

~ 1月13日(金曜日)

令和5年1月27日

(金曜日)

令和5年2月7日

(火曜日)

一般入校後期

令和5年 2月13日(月曜日)

~ 2月17日(金曜日)

令和5年3月3日

(金曜日)

令和5年3月8日

(水曜日)

 注)一般入校中期試験終了時の合格者数により、一般入校後期試験を実施しないことがあります。
一般入校後期試験を実施しない場合は、本校ホームページに掲載します。

5 出願方法

 入校を希望される方は、願書をそれぞれの入試時期に合わせて、以下の受付先へ郵送又は持参により出願してください。郵送の場合は「簡易書留」により出願してください。出願期間最終日の消印まで有効とします。持参の場合の受付時間は、平日の午前9時から午後5時までとします。



 出願先 〒953-0041 新潟県新潟市西蒲区巻甲12021 新潟県農業大学校長
               電話:0256-72-0133

6 令和5年度学生募集要項

 下記「令和5年度学生募集要項」をダウンロードして入校願書等様式を印刷し出願するか、本校又はお近くの農業普及指導センターで「令和5年度学生募集要項」を入手のうえ出願してください。

7 よくある質問

(1) 過去の試験問題はありますか

   本校では過去の試験問題を公開していません。

<推薦入試>

ア 小論文は60分で800字程度の分量です。

イ 数的能力は本校で農業学習を進める上で必要な基礎的問題となっています。

ウ 適性検査は各人の特徴を把握するためのものです。特に必要な準備ありません。

<一般入校>

ア 国語(現代文のみ)、数学Ⅰ、生物基礎又は化学基礎の問題は各教科書を理解することで、合格点は充分に取れます。

 

(2)合格率はどうなっていますか

ア 令和4年度入校生の合格率(合格者数/志願者数)は推薦入校95.4%、一般入校(前~後期合計)90.4%となっています。また、専攻によっては定員を大きく超える志願者があり、第2希望に回っていただいた事例があります。

イ 願書には第2志望を記入する欄があるので、必ず記入してください。

ウ 第2志望は、異なる学科はもちろんのこと、同じ学科でも専攻が違えば問題ありません。

 (例:第1志望 園芸経営科野菜専攻、第2志望 園芸経営科花き専攻)

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ