ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > しごと・産業 > 農林水産業 > 新潟県が運営する農業情報サイト > 重点取り組み(長岡農業普及指導センター)

本文

重点取り組み(長岡農業普及指導センター)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0441014 更新日:2021年11月10日更新

長岡地域における園芸1億円産地育成の取り組み

1.長岡地域の産地育成計画

 長岡地域では、「えだまめ」「れんこん」「カリフラワー」「にら」の4産地で産地育成計画を作成し、関係機関・団体と連携して産地育成に取り組んでいます。

園芸1億円産地情報交換会(4産地合同)の写真
園芸1億円産地情報交換会〔4産地合同〕

2.各産地の取り組み

(1)えだまめ〔長岡市〕 

 7月から10月上旬まで、11品種によるリレー出荷に取り組むえだまめ産地です。
 高収量の確保と食味向上に向けた栽培技術の普及・定着や、品種構成の見直しによる期間を通じた安定出荷を目指して取り組んでいます。
 また、ほ場整備地区においては、栽培・選別機械の整備や出荷期間拡大の取り組みが始まっています。

産地と流通事業者によるほ場巡回〔えだまめ〕の写真
産地と流通事業者によるほ場巡回〔えだまめ〕

(2)れんこん〔長岡市〕

 90年以上の歴史がある県内最大のれんこん産地です。
 新規就農者等を対象とした栽培技術講座(園芸参入塾)の開催や、近年課題となっている鳥害やセンチュウ類による被害の対策に取り組んでいます。
 また、産地ブランドの保護とブランド力の向上に向け、令和3年5月に地理的表示(GI)保護制度の登録を受けました。

園芸参入塾〔れんこん〕の写真
園芸参入塾〔れんこん〕

(3)カリフラワー〔小千谷市〕

 高品質が評価され、市場からは「白いダイヤモンド」と称されている県内最大のカリフラワー産地です。
 産地拡大に向けて、春カリフラワーの取組拡大・生産安定や、新規生産者の栽培技術の早期習得に取り組んでいます。

春カリフラワー栽培指導の様子の写真
春カリフラワー栽培指導

(4)にら〔見附市〕

 県内では数少ないにら産地ですが、近年、栽培面積を大きく伸ばしています。
 産地拡大に向けて、規模別経営試算の提示による新規栽培者の確保、年間を通じた継続出荷に向けた新たな品種の導入やハウス栽培の検討を進めています。

定植実演会〔にら〕の写真
定植実演会〔にら〕

 

 

一覧へ戻る

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ