ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > まちづくり・地域づくり > 地域づくり > 新潟地域振興局 > 【新潟】人口減少問題対策地域別集会(全2回)を実施しました

本文

【新潟】人口減少問題対策地域別集会(全2回)を実施しました

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0240633 更新日:2019年12月2日更新

新潟医療福祉大学で人口減少問題を考える学生集会を開催しました

将来、本県の医療・福祉・介護分野 (以下、「同分野」という)を支える若者(大学生)に焦点を当て同大との協同実施によりゼミ単位でのディスカッション等を行い、県への政策提案をいただきました。

初回は県の人口減少問題及び同分野における就業状況の説明と学生による意見交換・発表を行い、2回目には同分野での活躍を目指す若者に選ばれる就業環境と、その問題解決に資するための対策等を意見交換のうえ提案・発表し、同大副学長・県担当課長から講評を行いました。

参加学生の多くが同分野での就職を控えており、集会には当事者意識を持って真剣に参加され、多くの具体的な提案をいただきました。

名 称 人口減少対策県民意識醸成活動
     新潟県の人口減少を考える新潟医療福祉大学学生集会
会 場 新潟医療福祉大学G410多目的ルーム
参加者 丸田秋男副学長ほか社会福祉学科教員
    同科各ゼミ所属4年生 延べ約100人

【第1回】
・日 時 令和元年7月11日 木曜日 午前
・内 容 
〔ミニ講義〕
「新潟県の人口減少問題について」「福祉(介護)分野における就業状況と県の介護人材確保策の考え方」等(県関係課担当から)

〔グループ討議・発表〕
 テーマ「若者自らが考える人口減少問題への処方箋」
(主な提案内容)
・新潟らしい産業を活かした働く場所の増加
・新潟で就職や出産をした人へのインセンティブ制度
・大都市圏の家族単位による山村留学推進
・主要施設が集積する良質なコンパクトシティ構築 ほか
介護人材確保対策に関するミニ講義

【第2回】
・日 時 令和元年11月7日 木曜日 午前
・内 容 
〔グループ討議・全体討議〕
 テーマ「福祉(介護)分野での活躍を目指す若者が選びたい就業環境(行政支援、企業福利、地域環境等)とその問題解決のための対策」
(主な提案内容)
・福祉人材の活躍に対して行政・地域社会が評価・リスペクトする
・地域社会の貢献に対する満足度と自己評価を高めていく
・地域情報提供、福祉用具導入推進など介護職場環境の充実を図る
・人に焦点を当て、介護負担軽減、長期就業の促進等により介護職の高齢化対応、若年層の確保を図る
・閉鎖的なイメージがある福祉施設と地域との交流を図る ほか
全体討議・提案発表
<外部リンク> 県公式SNS一覧へ