ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > しごと・産業 > 農林水産業 > 新潟地域振興局農林振興部 > 【新潟】令和2年度「稲作速報」

本文

【新潟】令和2年度「稲作速報」

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0267907 更新日:2020年7月15日更新

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ


今が旬の農産物

〈もも〉

もも

 桃の出荷が始まりました!
白根地域では、早生から晩生まで11種類の桃をリレーしながら9月上旬まで切れ間無く出荷しています。
 7月下旬から8月上旬には「日の出」、「あかつき」、「浅間白桃」、「なつっこ」など5品種ほどの桃が次々と出荷されます。桃を品種名で購入することは少ないかもしれませんが、お気に入りの品種を探してみてはいかがでしょうか。

●産地
 新潟市南区

●出まわり期
 7月上旬~9月中旬

〈スイートコーン〉

スイートコーン

 この地域は、実は県内第2位のスイートコーン産地なのです。出始めから前半は「粒が軟らかく、爽やかな甘み」、後半は「粒が大きく、濃厚な甘み」と時期ごとの変化も楽しめます。食べ方は「ゆで」の場合、大きな鍋で沸騰した湯に皮をむいたコーンを丸ごと入れて3分、ゆですぎないのがポイント!もっと手軽に、薄皮1枚を残し、頭の毛をむしったコーンを電子レンジに入れて500Wで4分程度、ラップ要らずでできあがり!ただし、機種によっては途中でコーンの上下を返す必要がある場合も。ゆでたて熱々よりは、冷ましてから豪快にかぶりつくべし!より美味しさが味わえます。
 最後に、購入時に「ゴミがでるから」と皮を全部むいて捨てていくのはNG!その瞬間から一気に鮮度、糖度が落ちていきます。美味しいスイートコーンを食べたければ、「皮はむかず」「帰ったらすぐゆでる」がおすすめです。すぐゆでられない場合は冷蔵庫で保存しましょう。

●産地
 新潟市江南区横越地区

●出まわり期
 6月下旬~8月中旬

<ユリ切り花>

ユリ

 管内のユリ切り花は春先から出荷が始まり、6~7月に出荷のピークを迎えます。
 ユリには豪華で大きな花のオリエンタルユリ、花色がカラフルなLAユリ、清楚な白いテッポウユリなど、多彩な品種があります。写真は南区で栽培されたオリエンタルユリです。また、芳しい香りもユリの魅力の一つです。
 管内のユリ切り花の多くは、オランダやニュージーランドなどから輸入された球根を用い、細かな管理をしながら栽培されています。新潟で丹精込めて育てられたユリ切り花は全国各地へ届けられます。
 しかし、今回の新型コロナウイルスの影響により冠婚葬祭やイベントなどが減少し、需要の低迷が心配されています。花は心を豊かにし、安らぎを与えてくれます。お近くの花屋さんでお気に入りのユリを見つけ、ご自宅で楽しんでみてはいかがでしょうか。

●産地
 南区、秋葉区を中心に、管内全域

●出まわり期
 1月、3月下旬~12月下旬

過去の情報を見る⇒

「旬はいつ?にいがた地域の農産物」⇒