ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 長岡地域振興局 県税部 > 【長岡】長岡地域振興局管内の小・中学校で租税教室を開催しました

本文

【長岡】長岡地域振興局管内の小・中学校で租税教室を開催しました

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0181466 更新日:2020年2月7日更新
 次代を担う児童・生徒のみなさんに税の意義や役割を正しく理解してもらうため、長岡地域振興局県税部では、職員を派遣して管内の小・中学校で租税教室を開催しました。
 どんなものに税金が使われているのか、どんな税金があるのかを考えていく中で、なぜ税金が必要か、また、税金が社会のためにどのように役立っているかを学習しました。

令和2年2月7日(金曜日)長岡市立関原小学校

seki1
税金は、日常生活を支え、平和をもたらしていることがわかりました。
seki2
日本国内の税金は、何種類あるでしょうか?
 (1)約10種類 (2)約50種類 (3)約250種類

 ⇒ 正解は、(2)約50種類あります。
seki3
昨年10月に消費税率が8%から10%に上がりましたが、主な理由は次のうちどれでしょうか?
(1)年金、医療や福祉に関する財源にあてるため
(2)世界の国々に寄付する財源にあてるため
(3)未来のロボット社会を開発する財源にあてるため

 ⇒(1)年金、医療や福祉に関する財源にあてるためです。

令和2年1月31日(金曜日)長岡市立希望が丘小学校

kibou1
「コンビニには、税金が使われていると思う人?」「使われていないと思う人?」
 ⇒ コンビニは、税金が使われていません。
kibou2
1億円のレプリカに興味津々でした。

令和2年1月23日(木曜日)長岡市立浦瀬小学校

urase1
税金には、国税、地方税(県、市など)があります。
urase2
1億円のレプリカを手にとって、重さを実感しました。

令和2年1月22日(水曜日)長岡市立川崎小学校

kawasaki1
税金にはどんなものがあるか考えました。
kawasaki2
児童一人ひとりに月約7万円の税金が使われていることを知りました。

令和元年12月18日(水曜日)長岡市立新組小学校

singumi1
知っている税金の名前を発表しました。
singumi2
「税金はあった方がいいと思う人?」

令和元年12月16日(月曜日)長岡市立上塩小学校

kamisio1
税金クイズをしました。

宝くじで3億円が当たりました。この3億円に税金はかかるでしょうか?
⇒ 正解は、かからない
kamisio2
学校のプールをつくるには1億円かかると言われています。1億円の重みを体験しました。

令和元年12月16日(月曜日)長岡市立福戸小学校

fukudo1
私達の暮らしの中にたくさんの税金が使われていることを知りました。
fukudo2
パネルに描かれた施設に税金が使われているかどうかを考えました。

令和元年12月16日(月曜日)長岡市立山本中学校

yama1
累進課税の計算をしました。
yama2
人口が減ると税額が減少し、行政サービスの質が低下するという問題を学びました。

令和元年12月12日(木曜日)長岡市立神田小学校

kanda1
「税金が使われているもの」と「税金が使われていないもの」に分類しました。
kanda2
全ての教科書に、税金による無償支給のメッセージが入っていることを知りました。

「この教科書は、これからの日本を担う皆さんへの期待を込め、税金によって無償で支給されています。大切に使いましょう。」

令和元年12月12日(木曜日)長岡市立石坂小学校

isizaka1
「現在、日本にある税金はどれでしょうか?」
isizaka2
「マリンとヤマトの不思議な日曜日」を視聴しました。

 

令和元年7月16日(火曜日)長岡市立刈谷田中学校

租税教室の様子1 

税金を納めないでいるとどうなるかを考え、グループ発表しました。

租税教室の様子2

生徒一人ひとりに年間約100万円の税金が使われていることを知りました。

 

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ