ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > まちづくり・地域づくり > 建設・まちづくり > 村上地域振興局トップページ > 【村上】村上圏域初となる合同除雪出動式を開催しました!(令和3年11月1日)

本文

【村上】村上圏域初となる合同除雪出動式を開催しました!(令和3年11月1日)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0447801 更新日:2021年12月7日更新
 今年度、本格的な降雪期を迎えるにあたり、令和3年11月1日月曜日に村上市内の日本海東北自動車道村上道路ステーションにおいて、村上圏域で初となる各道路管理者合同による除雪出動式を開催しました。
 
 現在、道路除雪事業では、除雪オペレータの担い手不足の課題を抱えており、その解決のために、各道路管理者と建設業協会などの関係機関が連携して、「新潟県除雪オペレータ担い手確保協議会」を設置し、将来の担い手の確保に向けて様々な取組を行っています。

 今回の除雪出動式は、この協議会における取組の一つとして、村上圏域内の冬期道路交通確保と、除雪オペレータの将来の担い手の確保を図ることを目的として、圏域の各道路管理者(北陸地方整備局羽越河川国道事務所、新潟県村上地域振興局、村上市及び関川村)が初めて合同で開催したものです。
 
 当日は、各道路管理者並びに除雪業者の代表者のほか、朝日さくら小学校4年生の皆さんに参加いただき、代表児童から除雪作業受注会社の代表者に対して、「事故の無いように、気を付けて除雪作業を頑張ってください」と除雪作業の安全を祈願したゴールドキーが手渡されました。

 村上圏域における冬期の地域住民の生活や社会経済活動を維持するため、各道路管理者と除雪作業受注会社は、各者連携を図りながら、安全を第一に冬期道路交通を確保していきます。

 また、出動式の開催後は、実際に道路除雪を行う除雪機械のデモンストレーションや、除雪機械への搭乗などの体験学習会が行われ、参加した小学生のみなさんは、普段触れることの出来ない除雪機械に触れたりしながら学んでいただきました。


(参考)村上圏域(国・県・村上市・関川村)令和3年度冬期道路交通確保計画 
※各道路管理者における計画等の合計
・車道除雪計画      延長約1,080キロメートル
・歩道除雪計画      延長約 180キロメートル
・除雪機械配置      約270台
・除雪作業受注会社    約100社
・除雪機械オペレータ数  約670人
▲ 村上圏域合同除雪出動式開催の様子
▲ 村上圏域合同除雪出動式開催の様子
▲ 児童から除雪作業受注者への安全祈願ゴールドキーの贈呈
▲ 児童から除雪作業受注者への安全祈願ゴールドキーの贈呈
▲ 安全祈願ゴールドキーを受領した除雪作業受注者のみなさん
▲ 安全祈願ゴールドキーを受領した除雪作業受注者のみなさん
▲ 朝日さくら小学校4年生のみなさんと除雪出動式参加者(代表者)による記念撮影
▲ 朝日さくら小学校4年生のみなさんと除雪出動式参加者(代表者)による記念撮影
▲ 除雪機械のデモンストレーション
▲ 除雪機械のデモンストレーション
▲ 除雪機械の体験学習会(児童が除雪機械に搭乗体験)
▲ 除雪機械の体験学習会(児童が除雪機械に搭乗体験)
<外部リンク> 県公式SNS一覧へ