ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > まちづくり・地域づくり > 建設・まちづくり > 村上地域振興局地域整備部 > 【村上】村上中等教育学校で「マイ・タイムライン教室」を開催しました

本文

【村上】村上中等教育学校で「マイ・タイムライン教室」を開催しました

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0430481 更新日:2021年11月25日更新

防災教育の支援として、村上中等教育学校で「親子マイ・タイムライン教室」を開催しました

村上地域振興局地域整備部では、新潟県立村上中等教育学校の1年生PTA行事として「親子マイ・タイムライン教室」を行いました。

「マイ・タイムライン」とは、洪水や土砂災害のような進行型災害が発生した際に、「いつ」、「何をするか」を整理した防災計画のことで、豪雨時に住民一人一人がとる防災行動を時系列に整理し、自ら考え命を守る避難行動のための一助とするものです。

新潟県では、近年の激甚化・頻発化する豪雨災害に対し、学校教育を通じて家庭や地域にマイ・タイムラインを普及し主体的な避難行動により人命を守るため、中学生・高校生を対象としたマイ・タイムライン作成支援『新潟県マイ・タイムライン教室』の取組を実施しています。

1.日時
令和3年10月24日(日曜日)9時00分~11時30分

2.場所
新潟県立村上中等教育学校

3.対象
1年生70名とその保護者

4.内容
以下の流れでステップ毎にパワーポイントによる解説とグループワークを実施しました。
(ステップ1)自分が住む地域の特徴とハザードマップを学ぶ
(ステップ2)警戒レベルの意味を理解し、とるべき行動と豪雨時に得るべき情報を調べる
(ステップ3)マイ・タイムラインを仕上げる

開会式の様子 ハザードマップの説明

        開会式の様子        ハザードマップから地域の危険性を理解する

 

避難情報と取るべき行動 避難時の注意点

    避難情報と取るべき行動は?   親子で話合い「我が家には非常持ち出し袋ある?」

 

発表の様子その1 発表の様子その2  

グループ発表・まとめもしっかりできました       聞く側も真剣です 

 

マイ・タイムライン完成記念集合写真(1組)  マイ・タイムライン完成記念集合写真(2組) 

     完成した「マイ・タイムラインシート」を掲げ親子で記念写真(1組及び2組)

「マイ・タイムライン教室」アンケート結果

生徒および保護者へのアンケート結果から、ほとんどの参加者が「よくわかった」「まあまあわかった」と回答しており、マイタイムラインの重要さを理解していただいたようです。

アンケート結果

また、自由意見として寄せられた一部を紹介します。

・ハザードマップの確認が大事だと思いました。自宅だけではなく職場や出かける先も気にしたいと思います。

・親子で避難場所等の確認ができたりして良かったです。雨量や河川の水位にも注意していざという時にしっかり行動できたら良いと思いました。

・初めてしっかりと避難の話をしてみて知ったことがたくさんありました。避難をするとき経路が洪水で行けないことがあるなんて 考えたこともありませんでした。

・携帯で雨量や川の水位・土砂災害等調べられることが分かりました。家族でしっかり事前に確認しておくことが大切だと思いました。一度みんなで準備・確認・用意したいです。

・日頃の準備や家族とのコミュニケーションがとても大切だと思いました。

・あまり家族と話したことがなかったのでよい機会になりました。家に帰ったらまた家族で話し合いたいです。

・近所の人とコミュニケーションをとるために普段から町内行事に参加しようと思った。

最後に

 今回は「親子マイ・タイムライン教室」として、生徒と保護者が一緒に「防災や避難行動」を考えるという県下初の取組でしたが、アンケートからは「日頃の家族間のコミュニケーションの重要さ」を感じた方が多かったようです。

 新潟県では、今後も様々な学校で「マイ・タイムライン教室」を実施し、「逃げ遅れゼロ」を目指します。

「マイ・タイムライン教室」の相談は、下記問合せ先までまでお気軽に御連絡下さい。

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ