ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 教育・子育て > 教育・生涯学習 > 新潟県教育委員会 > 県立学校の内装仕上げ材でアスベストの含有が確認されました

本文

県立学校の内装仕上げ材でアスベストの含有が確認されました

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0447465 更新日:2021年12月8日更新

県立学校の内装仕上げ材でアスベストの含有が確認されました

1 概要

 今年度実施した県立学校アスベスト使用実態調査において、以下の学校の天井仕上げ材にアスベストが含有していることが判明しました。
 なお、判明した3校とも上から塗装又は樹脂等で固められており、現状においてアスベストが飛散する可能性は低いと考えられます。

 

2 対象校及び確認されたアスベストの種類等

 
学校・棟名 室 名 アスベストの種類
建材の状態
備 考

小千谷高校

部室棟

(平屋40m2)

男子陸上部室

男子ソフトテニス部室

(天井)

種類:トレモライト

・樹脂等で固められている

・一部劣化しているが、空気測定の結果、異常なし

現在立入禁止

海洋高校

旧くん乾棟

(平屋38m2)

温くん室

くん乾実習室

(天井)

種類:クリソタイル

・樹脂等で固められている

・劣化・損傷なし

H17以降未使用

村上特別支援学校

寄宿舎棟

(2階建て1,810m2)

階段

(見上げ天井)

種類:クリソタイル

・樹脂等で固められて、上から塗装されている

・劣化・損傷なし

 

 

3 今後の対応

 3校ともアスベストが飛散する可能性は低いと考えられるため、計画的にアスベストの除去工事等の飛散防止措置を実施していきます。
 除去工事等を行う際には、関係法令を遵守し、安全に十分配慮して工事を実施します。

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ