ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > まちづくり・地域づくり > 交通・運輸 > 港湾整備課 > みなとの水辺空間でカフェ・レストラン・商業施設立地等のアイデア募集の結果

本文

みなとの水辺空間でカフェ・レストラン・商業施設立地等のアイデア募集の結果

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0261862 更新日:2020年3月23日更新

新潟港(西港区)万代島地区 サウンディング型市場調査の結果概要

サウンディング実施の経緯

 新潟県、新潟市、新潟西港・水辺まちづくり協議会では、万代島地区の関係者と将来像やその実現に向けた方向性を共有するために平成31年3月に「万代島地区将来ビジョン」を策定しました。
 中期(15年後)の将来像を見据え、官民協働で万代島地区のさらなるにぎわい創出と活性化に向けて取り組んでいくため、県内外の事業者の方々から県有地を活用したアイデア(事業企画・今後の要望)を広くお聞きする「サウンディング型市場調査」を実施しました。

実施主体

新潟県、新潟市、新潟西港・水辺まちづくり協議会

サウンディングの実施スケジュール

令和元年12月12日 ~令和2年1月31日  アイデア募集
令和2年 2月21日 ~令和2年2月26日  個別対話の実施
令和2年 3月23日            結果概要の公表

サウンディングの参加者

個別対話参加者 4団体

サウンディング結果の概要

対話の対象項目

対話概要

施設に関する提案

にぎわい創出と活性化については、以下のような提案がありました。

・ 「みなとまちらしさ」や「新潟らしい食の魅力」をアピールできるカフェ・レストラン

・ 芝生広場を活用したキャンプサイト

・ 複合商業施設 等

県・市への主な意見

県・市に対しては、以下のような意見がありました。

・ 事業が継続できる賃料を設定してほしい。

・ 早期に事業化してほしい。

・ 公的施設との連携があるとよりにぎわい創出の効果が高まる。

サウンディング結果を踏まえた今後の方針

 今回の「サウンディング型市場調査」では、カフェ・レストラン・商業施設立地等のにぎわい創出と活性化に資する施設の提案と県・市に対する意見がありました。
 県・市では今回の対話を通じ、万代島地区において将来ビジョン中期に掲げる「水辺が望めるカフェ・レストラン等の店舗・商業施設等立地」のニーズが市場にあることを確認いたしました。
 今後、本調査の結果を踏まえて、提案の実現に向けた課題を整理し、貸付条件を含め、公募の可能性を検討していきます。

<参考>

募集・実施要領

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ