ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > しごと・産業 > 商工業・産業立地 > 新潟県計量検定所 > 自動で質量をはかる計量器(自動はかり)の使用・製造・修理について

本文

自動で質量をはかる計量器(自動はかり)の使用・製造・修理について

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0311957 更新日:2020年9月2日更新

 計量法施行令の改正に伴い、平成29年10月1日より、特定計量器にホッパースケール、充填用自動はかり、コンベヤスケール、その他の自動はかりが追加されることとなりました。

 自動はかりを取引又は証明に使用している場合は自動はかりの検定が必要になります。

 自動で質量をはかる計量器(自動はかり)を使用・製造・修理されている皆様へ [PDFファイル/763KB]

 

 平成30年10月1日以降、新たに自動はかりを製造又は修理を行う事業者は、事業開始に際し届出書の提出が必要となりました。

 自動はかりの製造・修理事業者の届出について [PDFファイル/568KB]

 

 現在、経済産業省により計量制度(自動はかり等)が見直されています。詳しくは下記のホームページをご覧ください。

 経済産業省計量行政室ホームページ<外部リンク>

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ