ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > しごと・産業 > 農林水産業 > 経営普及課 > 8月の大雨等により被害を受けた農林漁業者に対する融資制度の設定について

本文

8月の大雨等により被害を受けた農林漁業者に対する融資制度の設定について

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0220926 更新日:2022年9月27日更新

 8月の大雨により、農業施設等への被害が生じており、今後の農林漁業経営への影響が懸念されることから、低利な資金を設定し、被害を受けた農林漁業者の経営継続を支援します。

農林水産業振興資金(8号資金)の概要

復旧等に必要な資金を融通する融資機関へ利子補給する市町村に助成します。

 資金使途:設備資金 農林漁業用の施設の再建、機械の購入に要する資金

      経営資金 種苗・農薬・飼肥料等農業用・林業用資材の購入費、漁具・養魚・餌料その他漁業用

           資材の購入費、農林漁業用施設・機械の復旧に要する資金

 貸付限度額:個人1,000万円、法人等3,000万円

 償還期限:7年以内(うち据置期間2年以内)

 貸付金利:0.20%以内

 融資枠:5億円

 

農林水産業振興資金の要綱・要領等はこちらをご覧ください。

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ