ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > まちづくり・地域づくり > 建設・まちづくり > 河川管理課 > ダム洪水予測システム等構築業務の技術提案書を特定しました

本文

ダム洪水予測システム等構築業務の技術提案書を特定しました

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0670762 更新日:2024年6月11日更新

ダム洪水予測システム等構築業務の技術提案書を特定しました

 県内5ダム(内の倉ダム、胎内川ダム、笠堀ダム、早出川ダム、刈谷田川ダム)を対象に、過去の洪水実績(雨量とダム流入量との関係)を学習材料としてAIモデルを構築し、ダム流入量を高精度で予測するとともにダム管理職員の業務を支援するシステムを導入するにあたり、その業務を委託する建設コンサルタントを選定するための公募型プロポーザル(標準型)を実施しました。

1 審査結果

 審査の結果、次の提出者の技術提案書を特定しました。

 株式会社建設技術研究所 北陸支社

 評価結果は下記評価表をご覧ください。

 プロポーザル評価表 [PDFファイル/3.65MB]

2 技術提案書の特定までの経過

 令和6年
  4月9日 第1回選定委員会(選定方法、参加資格等を決定)
  4月10日 手続き開始の公告
  4月22日 参加表明書の提出(3者)
  4月25日 第2回選定委員会(技術提案書の提出を求める者を選定:3者)
  4月26日 技術提案書の提出要請
  5月27日 技術提案書の提出(3者)
  6月10日 第3回選定委員会(技術提案書の特定)

 本プロポーザルの実施概要についてはこちらをクリックしてください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ